Apple Watchのセルラーモデルは必要?GPSモデルとの違いも解説

広告

Apple WatchはセルラーモデルとGPSモデルの2種類が発売されます。大方セルラーモデルの方がGPSモデルよりも1万円近く高いため、プレミア感、ハイエンド感のためにセルラーモデルを選ぶ人もいますが、正直それがコスパに見合うかは微妙なところです。

以下ではApple WatchのセルラーモデルとGPSモデルの違い、セルラーモデルならではのメリット・デメリットを解説します。セルラーモデルとGPSモデル、ぶっちゃけ何が違うの?どっちを買うべきなの?という人はぜひ参考にしてください。

Apple Watchのセルラーモデル、GPSモデルの違い

端的に言えばApple Watch単体で通信できるか否かの違いです。

Apple Watchのセルラーモデルには、SIMカードの一種である「eSIM」が内蔵されているため、Apple Watch単体で4G回線を受信できます。そのため、iPhoneとペアリングせずともApple Watch単体で通話、通信が行えます。

対してGPSモデルはSIMカードを内蔵していないため、iPhoneとペアリングしなければ通話、通信が行えません。

 

Apple Watchセルラーモデルのメリット

1. iPhoneとペアリングさせずにApple Watch単体で通信できる

ジム、プール、野外ランニングなど手元にiPhoneがなく、物理的(距離的)にiPhoneとのペアリングが行えないシチュエーションでもApple Watch単体で通信できます。

Apple WatchはSuicaチャージ一つにしてもApple Watch上から行えるため、Apple Watch単体でも大方問題ありません。

また、通話に関してもApple Watch単体で着信を受けたり、ダイヤル発信や履歴発信も行えるため、いざとなったらApple Watch単体でも生きていけます。

Apple Watchの電話ダイヤル

 

Apple Watchセルラーモデルのデメリット

1. ランニングコストがかかる

Apple Watchのセルラーモデルを使うためには、ドコモ、au、ソフトバンクで契約したiPhone回線が必要です。2020年現在、格安SIMではApple Watchのセルラーモデルを使う手段がありません。

ドコモ、au、ソフトバンクであれば契約プランはなんでも構いませんが、各社が提供するeSIM用のオプションに加入する必要があり、これが事実上のランニングコストになります。

ドコモ、au、ソフトバンクが提供するeSIM用オプション(Apple Watch用オプション)まとめ

  オプション名 月額料金(税抜)
ドコモ ワンナンバーサービス 500円
au ナンバーシェア 350円
ソフトバンク Apple Watchモバイル通信サービス 350円

あくまでオプションであり2年縛りなどありません。任意のタイミングでオプション解除できますが、仮に1年契約すれば4,200円〜6,000円2年で8,400円〜12,000円がかかりますので、それに見合うだけの価値があるのか検討すべきです。

 

2. バッテリー持ちが悪い

セルラーモデルは4G回線での待ち受けとなるため、通常のBluetooth待ち受けよりもバッテリー持ちは悪くなります。

Apple WatchはBluetooth 5.0を採用しているため、Bluetooth待ち受けであれば非常に省電力です。ただ、4G回線の待ち受けだとiPhone同様に常時スタンバイ状態となるため、バッテリーの減りが早くなります。

なお、セルラーモデルであってもiPhoneとBluetoothでペアリングした状態であれば、通常のBluetooth待ち受けが優先されます。iPhoneとペアリングできないシチュエーションだと4G回線による単独待ち受けになります。

 

Apple Watchセルラーモデル、ぶっちゃけ必要?

日常用途であれば、ほぼほぼ必要ないというのが正直なところです。特に普段からiPhoneとべったりな生活を送っている人だと、あえてApple Watchのセルラーモデルを選ぶメリットは薄いです。

もっぱらスポーツ用途でApple Watch単体で使いたい人、物理的、距離的にiPhoneとのペアリングが維持できず困ることがある人がセルラーモデルを選ぶべきです。

たとえば、

  • 野外ランニング中に(邪魔なので)iPhoneをロッカーに閉まってる
  • プールや海で遊ぶときにiPhoneをロッカーやカバンに閉まったままにしている
  • うっかりミスでiPhoneを一時紛失してしまうことが多々ある

こういったシチュエーションでApple Watchを使って通話したい、Suica決済したいという人であればセルラーモデルを使う理由になります。

ただ、日常用途で考えるとセルラーモデルが必要な場面、iPhoneを手放してApple Watchだけで生活する場面は多くありません(というか、ほとんどない)。そのため、あえてGPSモデルよりも高額なセルラーモデルを選ぶメリットは薄く、ランニングコストも考慮するとセルラーモデルはコスパが悪いと言うのが妥当な見方です。

Apple Watch Series 5(GPSモデル)

Apple Watch Series 5(セルラーモデル)

関連記事

スマートウォッチ選び方ガイド(2020)|最新トレンドに合わせたおすすめモデルを厳選紹介
Apple Watchはじめ馴染み深い存在になってきたスマートウォッチ。おサイフケータイが使えるもの、スポーツウォッチとして使えるもの、睡眠トラッカーと...
タイトルとURLをコピーしました