僕がGalaxy Foldを手放した理由【お別レビュー】

広告

(ほぼ)世界初の折りたたみスマホとして市販されたGalaxy Fold。数多くのガジェオタから注目を集め、かくいう筆者も興味がてら大枚はたいて購入した口だ。かれこれ半年近くGalaxy Foldを日常ユースしていたのだが、つい先日売りに出した。以下、その”お別レビュー”としてGalaxy Foldを手放した理由、主にGalaxy Foldの弱点についてまとめていく。今後、中古のGalaxy Foldの購入を予定されている人がいたら参考にしてほしい。

僕がGalaxy Foldを手放した理由

主な理由としては以下3点。

  1. スマホとしての使い勝手は最悪だった
  2. タブレットとしては中途半端だった
  3. 「折りたたみ」以上のコンセプト不在で飽きた

 

1. スマホとしての使い勝手は最悪だった

Galaxy Foldをメインスマホとして日常ユースしていると、思いのほか折りたたみを開かずに、フロントディスプレイで操作する機会が多かった。折りたたみを開くと、とても片手では操作できないサイズなので、片手でスマホを使うシチュエーションでは自ずと折りたたんだ状態になる。

そうなるとだ。Galaxy Foldのフロントディスプレイは4.6インチしかないし、中途半端に細長いので親指は画面上まで届かないし、なにより重量300g近いので片手で操作すると重量バランスが悪くて落下させそうになる。明らかに片手で操作することに適していないスマホなのだが、両手でスマホを使えるシチュエーションでは物足りないサイズだ。「折りたたみを開けばいいじゃないか」と思うかもしれないが、メール一つ確認するのに、わざわざ、都度都度、折りたたみを開くのは相当に面倒くさい。

チョコモナカジャンボのような厚み

こんな感じでスマホとして四苦八苦しては、先のレビューとおり、Galaxy Foldはスマホではなくタブレットポジションで運用すべきという評価が変わることはなかった。根本的に重量だったりサイズ感(厚み)だったり片手操作での使い勝手が改善されない限り、Galaxy Foldをスマホとして日常ユースするのは難しいと思った。

 

2. タブレットとしては中途半端だった

Galaxy Foldは開けば7.3インチのディスプレイが売りだ。ただ、これが思いのほか小さかった。従来からiPad miniをヘビーユースしている人であれば問題ないサイズかもしれないが、筆者はiPad Proユーザーだったこともあり、いかんせんディスプレイが小さく感じた。

もちろん、4:3比のディスプレイなので電子書籍との相性は良い。電子書籍を表示したときに昨今の縦長スマホのように上下に白い余白が入り、縮小表示されることもなく、ほぼほぼフルサイズで表示される。この点、大いに評価すべきだし、普段からスマホで電子書籍を読んでいる人であれば真の意味でのズルトラの後継機として運用できると思う。

出典:集英社、尾田栄一郎「ONE PIECE 96巻」

出典:集英社、尾田栄一郎「ONE PIECE 96巻」

ただ、やはりタブレット用途とはいえ、スマホサイズのデバイスを折りたたんだところで、さして何が変わるわけではないというのは強く感じた。スマホは所詮スマホとでも言うべきだろうか。これはGalaxy Z Flipにも言えることだが、どうせ折りたためるのなら、もう少しサイズアップしてタブレット用途に特化してもよいのではないかと思う(スマホとして使いにくいのだし…)。

 

3. 「折りたたみ」以上のコンセプト不在で飽きた

Galaxy Foldは、そのギミック、折りたたみ要素も含めてハネムーンデバイスとしては評価されるべきだと思う。ただ、目新しさだけで半年も使えば否応にも存在感は減ってくる。その主たる理由だが、「折りたたみ」以上のコンセプト不在という点が挙げられると思う。

言うならGalaxy FoldはGalaxyスマホを折りたたんだだけで、あとは何も変わらない。中身は普通のAndroidだし、折りたたみを活かした独自機能があるわけでもない。せめてものアピールポイントとして挙げられるマルチタスク機能、複数アプリの同時操作なんて苦肉の策にしか思えない、それくらい個性がない、コンセプト不在のデバイスとの印象を持ってしまった。

イメージで言うと、中華系のECサイトで売ってる、フルAndroid OSを搭載したスマートウォッチとかそういう感じだ。物として面白いのだが、根本的なコンセプトに欠落があり、ライフスタイルには定着しない。このポジションにあるデバイスを意固地になって使い続ける理由もなかった。

イマイチ使いどころがわからないマルチタスク機能

Galaxy Foldをあくまでスマホの延長として位置付けたのは一種のサムスンのマーケティング施策だとは思うが、その割にスマホとして使いづらく、タブレットとしては中途半端で、取って付けたような「折りたたみ」コンセプト止まりの”スマホ”となると、いかんせん先が見えてしまったのが正直なところだ。

 

まとめ

そんなわけで僕はGalaxy Foldを手放した。そこまで資産価値が残存していない製品であればコレクションとして保管していたかもしれないが、Galaxy Foldはまだまだ現役クラスの製品で、買取価格も10万円だったので売却してきた。

Galaxy Foldとは、正味半年ほどのお付き合いだったが、ガジェオタ的には非常に面白いガジェットだったことは否定しようがない。一時レビューで終わらせず、半年かけてじっくり日常ユースして、Galaxy Foldのメリット、デメリットが学べたのは良い収穫だった。なにより懸念された折りたたみギミックは非常に堅牢で安定感があり、半年使っても故障しなかったのは評価に値する。すでに中古価格だと10万円〜13万円くらいで購入できるので、ガジェオタであれば1度は試してみては?と提案したい。

タイトルとURLをコピーしました