iPad Proで使えるUSB PD充電器(急速充電器)まとめ

広告

iPad ProシリーズはUSB PD充電器を使った急速充電が可能です。

iPad Pro同梱のApple純正充電器では12W〜18W充電が限度ですが、USB PD充電器を使うことで最大30Wを限度とした急速充電が行えます。iPad Proシリーズは、ただでさえバッテリー容量が大きいiPadですので急速充電を活用すれば充電時間を劇的に改善できます。

以下、iPad Proで使えるUSB PD充電器を紹介します。

iPad Proを急速充電するためには30W出力できるUSB PD充電器が必要

iPad ProはUSB Type-C端子を使った急速充電規格である「USB PD」に対応しており、USB PD充電器を使えば急速充電できます。

2020年現在、iPad Pro 12.9、iPad Pro 11にはApple純正の18W充電器が同梱されます。これもUSB PD充電器の一種となりますが、あくまで18W充電器です。iPad Proは最大30Wで充電できるため、18W充電器ではフルスピードで充電されません。

iPad Proに付属するApple純正18W充電器(電源アダプタ)

そのため、iPad Proをフルスピードで急速充電するためには、30W出力できるUSB PD充電器が必要となります。

 

iPad Proで使える急速充電器(USB PD充電器)3選

30W出力できるUSB PD充電器の中でメジャーかつ筆者のおすすめを踏まえると以下3機種が挙げられます。

  1. Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim
  2. Anker PowerPort Ⅱ PD
  3. RAVPower 61W USB-C急速充電器
 

1. Anker PowerPort Atom III Slim(最大30W)

【おすすめポイント】圧倒的ミニマル充電器、外出用途ならこれ1択

人気充電器メーカー「Anker」が発売する30W充電器です。ミンティアケースサイズの非常にミニマルな充電器であり、ガジェット超え「モノ」としての愛着がわく1品です。この小ささながら30W出力できる力強さがあります。

(サイズは縦7.5cm、横4.5cm、厚さ1.5cmほど)

(電源プラグは折りたためます)

ポケットに入れるにしてもカバンに入れるにしても邪魔にならないサイズですので、iPad用の予備充電器として控えておくには丁度よいです。

【Amazon(AnkerDirect)で確認する】

【レビュー記事を見る】

Anker PowerPort Atom III Slim(A2614)レビュー|Anker史上最もミニマルなUSB PD充電器
充電器メーカーとして名高いAnkerから驚きの小ささ、薄さ、軽さを持ち合わせた充電器が発表された。それが今回レビューする「Anker PowerPort Ato...

 

2. Anker PowerPort ll PD(最大30W)

【おすすめポイント】2ポート充電器としては最強スペック、iPadと一緒にワイヤレス充電器もセットで使いたい人に

Ankerの2ポート充電器。AnkerのUSB PD充電器の中では唯一18W出力できるUSB Type-Aポートを備えます。QuickCharge相当出力のUSB Type-Aポートとなるため、急速ワイヤレス充電(Qi充電)にも対応できます。

USB PD充電と急速ワイヤレス充電、同2つの急速充電を1台で賄える貴重なモデルであり、USB PDでiPad Proを、USB Type-A端子でワイヤレス充電(iPhone)をといった使い方が可能です。もっぱら自宅用途の充電器として活躍すること間違いなしです。

【Amazon(AnkerDirect)で確認する】

 

RAVPower 61W USB-C 急速充電器(最大61W)

【おすすめポイント】iPad ProだけでなくMacBook Pro 13などノートPCも充電できる高出力充電器

中華メーカー「RAVPower」が発売するUSB PD充電器。最大61W出力できます。

MacBook Pro 13はじめ、USB PD充電に対応したノートPCは、もっぱら60W充電器で充電できます。そのため、最初から60W充電器を買っておけばiPad Proと一緒にノートPCも充電できます。

【補足】USB PD充電器の出力は大を小を兼ねます。60W充電器であればノートPCを60Wで、iPad Proを30Wにそれぞれ出力調整して充電できます。

縦5cm、横5cm、厚さ3cmほどのコンパクトな充電器となるため、外出全般のサブ充電器としてもいいかもしれません。

【Amazonで確認する】

【レビュー記事を見る】

RAVPower 61W USB-C急速充電器(RP-PC112)レビュー|MacBook Proで使えるUSB PD充電器
現行MacBookシリーズがUSB PD充電を採用したこともあり、今まさにUSB PD充電器への注目が高まっている。他方、MacBook Pro 13な...

 

【補足】USB Type-C端子を備えないiPad Proで急速充電する場合は別途専用ケーブルを用意する必要あり

2020年現在、以下のiPad ProのみUSB Type-C端子を備えます。

  • iPad Pro 12.9(第4世代、2020年発売)
  • iPad Pro 12.9(第3世代、2018年発売)
  • iPad Pro 11(第2世代、2020年発売)
  • iPad Pro 11(第1世代、2018年発売)

これら4機種であれば、同梱のApple純正ケーブルを使って急速充電できます。

同4機種以外、iPad Pro 10.5やiPad Pro 12.9(第1世代、第2世代)など過去のiPad ProシリーズでもUSB PD充電器を使った急速充電が可能です。

ただ、これらはUSB Type-C端子を備えず、ライトニング端子を採用しているため、ライトニング端子を使ったUSB PD充電ケーブルを別途用意する必要があります。

この場合のUSB PD充電ケーブルとは、Apple純正ケーブル(別売り)、サードパーティ製品だとMFi認証(Apple認証)を取得したケーブルに限られます。

Apple純正ケーブル(直販価格1,980円)

USB-C - Lightningケーブル(1 m)
Lightningコネクタを持つiPhone、iPad、iPodをMacのUSB-CポートやThunderbolt 3(USB-C)ポートにつなぐことができます。apple.comで購入できます。

AnkerのMFi認証ケーブル(参考掲載、直販価格1,599円)

 

この記事のまとめ

iPad Proで使えるUSB PD充電器(急速充電器)について解説しました。

iPad ProはノートPCばりにバッテリー容量が大きいので、USB PD充電器を使って急速充電するだけでも充電ストレスが多分に緩和されるかと思います。ひいては生産性プラスアルファが期待できますのでぜひお試しあれ。

当記事で紹介した充電器・ケーブルまとめ

30W出力できるUSB PD充電器

▼Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim(最大30W)

▼Anker PowerPort Ⅱ PD(最大30W)

▼RAVPower 61W USB-C急速充電器(最大61W)

ケーブル

ライトニング端子のiPad ProシリーズでUSB PD充電を行う場合に必要

▼Apple純正ケーブル(直販価格1,980円)

USB-C - Lightningケーブル(1 m)
Lightningコネクタを持つiPhone、iPad、iPodをMacのUSB-CポートやThunderbolt 3(USB-C)ポートにつなぐことができます。apple.comで購入できます。

▼AnkerのMFi認証ケーブル(直販価格1,599円)

タイトルとURLをコピーしました