MacBookシリーズが充電できるAnker充電器(急速充電器)まとめ

現行MacBookシリーズはUSB PD充電に対応しており、Apple純正充電器を使わずともUSB PD充電器による充電が可能です。

USB PDとはUSBベースの急速充電規格であり、USB Type-C端子を通じて充電されます。業界共通規格であり、Apple独自の規格ではないため、Apple以外のメーカーのUSB PD充電器も存在します。

以下では充電器メーカー「Anker」が取り扱うUSB PD充電器からMacBookシリーズが充電できるモデルだけをまとめました。

【前提】現行MacBookシリーズの充電規格と充電出力について

充電規格について

現行MacBookシリーズはUSB PD充電に対応します。USB Type-C端子を通じて充電を行うため、以前のMagSafe端子のMacBookシリーズはUSB PD充電対象外となります。

USB PD充電に対応しているMacBook一覧

MacBook Air MacBook Pro(13/15) MacBook 12
2019年モデル 2019年モデル
2018年モデル 2018年モデル
2017年モデル 2017年モデル
2016年モデル 2016年モデル
2015年モデル

 

充電出力について

MacBookごとに必要な充電出力は異なります。

MacBookごとに必要な充電出力

  • MacBook Air → 30W
  • MacBook 12 → 30W(旧29W)
  • MacBook Pro 13 → 60W(表記61W)
  • MacBook Pro 15 → 87W

全てMacBook同梱のApple純正充電器の標準出力を基準に掲載。充電器本体のスペック表記にもこれと同じ数値があるはずです。

これはMacBook Pro 13に同梱されるApple 61W充電器(写真クリックで拡大)

サードパーティ製の充電器を使う際には、これと同じ出力値のUSB PD充電器を選ぶ必要があります。なお、Apple純正充電器も今やUSB PD充電器の一つであり、たとえばMacBook Pro 13同梱の61W充電器とは、61W出力に対応したUSB PD充電器として位置付けられます。

出力規格の項目に「USB PD」との記載あり(写真クリックで拡大)

 

【本題】MacBookシリーズが充電できるAnker充電器まとめ

以下30W、60W、87W出力できるAnkerのUSB PD充電器をリスト掲載していきます。

MacBook Air / MacBook 12で使える30W充電器

Ankerが取り扱う30W出力のUSB PD充電器は以下の通りです。

製品名 最大出力 直販価格(税込)
Anker PowerPort Speed 1 PD30 30W 2,299円
Anker PowerPort Atom III Slim 30W 2,599円
Anker PowerPort III mini 30W 2,999円
Anker PowerPort Speed+ Duo 30W 3,299円
Anker PowerPort Atom PD1 30W 3,499円
Anker PowerPort ll PD 30W 3,799円
Anker PowerPort Atom PD 2 30W or 60W 4,599円
 
(参考)Apple 30W USB-C電源アダプタ 30W 5,184円

(2019年9月時点)  

この中でもオススメできる、というか筆者が愛用している30W充電器が、「Anker PowerPort III mini」と「Anker PowerPort ll PD」の2つです。

1. Anker PowerPort III mini(直販2,999円)

Anker PowerPort III mini(写真クリックで拡大)

クレジットカードの半分サイズ(写真クリックで拡大)

クレジットカードの半分サイズしかない非常に小さな充電器です。このサイズながら30W出力でき、お値段2,999円という破格プライスでして、妥当に、また順当にAnker30W充電器のエースとして挙げられます。

詳細レビューを見る:Anker PowerPort III mini(A2615)実機レビュー
Amazon(AnkerDirect)で見る:Anker PowerPort III mini 商品ページ

 

2. Anker PowerPort ll PD(直販3,799円)

Anker PowerPort ll PD(写真クリックで拡大)

半分に折った1000円札より一回り小さいサイズ(写真クリックで拡大)

USB Type-C(USB PD)とType-Aポートを備えた2ポート充電器です。Type-Aポートは高速ワイヤレス充電(Qi充電)にも対応できますので、MacBook充電器とQi充電器の2つを使っている人であれば、同充電器一つで充電環境が賄えます。

詳細レビューを見る:Anker PowerPort II PD(A2321)実機レビュー
Amazon(AnkerDirect)で見る:Anker PowerPort ll PD 商品ページ

 

MacBook Pro 13で使える60W(61W)充電器

Ankerが取り扱う60W出力のUSB PD充電器は以下の通りです。

製品名 最大出力 直販価格(税込)
Anker PowerPort Speed 1 PD 60 60W 3,599円
Anker PowerPort Atom III 60W 60W 3,999円
Anker PowerPort Atom PD 2 60W 4,599円
 
(参考)Apple 61W USB-C電源アダプタ 61W 7,344円

(2019年9月時点)

筆者はAnker PowerPort Speed 1 PD 60(直販3,599円)を外出用充電器としてメイン運用中です。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60(写真クリックで拡大)

Apple 61W充電器よりも一回り小さめ(写真クリックで拡大)

普通に、いや本当に普通に使える60W充電器であり、安定したパフォーマンスを見せてくれます。その上でApple純正充電器よりも一回り小さく、価格は半額プライスです。MacBook Pro 13ユーザーであれば、まず選ばない理由がありません。

しいて欠点を挙げるならデザインが無骨で本体色もブラックだけ…と言ったところでしょうか。ここらが気になる方であれば、もう片方のAnker PowerPort Atom III 60W(直販3,999円)がおすすめです。こちらスペック(ほぼ)そのままで、本体色はホワイトとなります。

Anker PowerPort Atom III 60W(Amazon
で見る)

ちなみに、Apple純正充電器が61Wと中途半端な出力ですが、これはAppleが独りでやってる変態仕様ですので特に気にしなくて構いません。この出力帯だと普通は60Wです。

 

MacBook Pro 15が充電できる87W充電器

Ankerが取り扱う87W(87W以上)出力のUSB PD充電器は以下の通りです。

製品名 最大出力 直販価格(税込)
Anker PowerPort Atom PD 4 100W 9,999円
 
(参考)Apple 87W USB-C電源アダプタ 87W 8,424円

(2019年9月時点)

紹介したところ申し訳ありませんが、Anker PowerPort Atom PD 4は発煙騒ぎから回収されており、市場には出回っておりません(2019年7月にリコール)。そのため、現在Anker充電器として60W以上が出力できる製品は存在せず、MacBook Pro 15ユーザーだとAnker以外の充電器を探す必要があります。

Anker PowerPort Atom PD 4

Anker以外だと「ENERGEAR AC85W」が筆頭に挙げられます。ゴッパ(GOPPA)合同会社という2016年設立の国内ベンチャーが手がける充電器で85W出力が可能です。なおかつ、USB IF認証、業界の正規認証を取得しており、下手な野良製品よりも安心です。価格はAmazon価格で5,980円。

ENERGEAR AC85W(Amazon
で見る)

 

【補足】充電ケーブルの選び方

USB PD充電器で使う充電ケーブルは、基本的には「両端がUSB Type-C」で「対応アンペア数が3A or 5A」のものを選ぶ必要があります。充電器と同じくApple純正品でなくても問題ありません。Anker製品だと以下がUSB PD充電用途の充電ケーブルとなります。

製品名 対応アンペア数 直販価格(税込)
Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル 3A 1,199円
Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1(Gen2)ケーブル 5A 2,000円
 
(参考)Apple USB-C充電ケーブル ※USB 2.0 5A 1,944円

(2019年8月時点)

Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0(直販1,199円)に関しては充電レビューあり。

【USB PD対応】Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル レビュー
Ankerより発売されるUSB PD対応ケーブル「Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル」をレビューします。 レビュー対象...

 

3Aケーブルと5Aケーブルの違い

USB PD充電で使える充電ケーブルには、3Aケーブルと5Aケーブルの2種類あります。使い分けですが、MacBook Pro 15のみ5Aケーブルを使う必要があります。MacBook Air、MacBook 12、MacBook Pro 13であれば3Aケーブルで問題ありません。

(少し技術的な説明)
3A、5Aとは、ケーブルが流せる電流量を示します。3Aケーブルだと3Aまでの電流が流せますが、これだとUSB PD充電の理論上の最大電圧(20V)で充電しても20V×3A=60W止まりであり、60W以上で出力できません。そのため、87W出力を必要とするMacBook Pro 15では使えません。

MacBook Pro 15では5Aケーブルを使うことで、同20V×5A=100Wとなり、61W〜100Wでの充電が可能となります。

Apple純正ケーブルは5Aケーブルのため、これ1本で全MacBookシリーズの充電に対応できます。

 

まとめ

MacBookシリーズが充電できるAnker充電器について一通り解説しました。

USB PD充電は業界共通規格として仕様が統一されているため、充電出力を除けば、メーカーごとにスペックが極端に異なるわけではありません。そのため、USB PD充電器として作られている製品であれば、好きなメーカーや見た目のデザインで選んでしまって問題ないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました