MacBook Proの代用充電器の選び方|筆者おすすめの充電器も公開

広告

MacBook Proの代用充電器の選び方

USB Type-C端子を採用した現行MacBook Proは、充電規格としてUSB PDを採用しており、USB PD充電器で充電できます。

USB PDは業界共通の充電規格であり、Apple独自規格ではありません。そのため、USB PD充電器であれば、Apple純正充電器だろうがサードパーティ充電器だろうが問題なくMacBook Proを充電できます

 

MacBook Proの充電に必要な出力値(ワット数)は最低60W

各MacBook Proに同梱されるApple純正充電器の出力値を元にすると、おおよそ60W出力のUSB PD充電器があれば事足ります。

  同梱されるApple純正充電器の出力値
MacBook Pro 13 61W
MacBook Pro 15 87W
MacBook Pro 16 96W

MacBook Pro 15、16に関してはフルパワー充電にはなりませんが、とりあえずの充電は可能です。あくまでApple純正充電器の出力値は理論上の最大出力であり、常に最大出力で充電されるわけではありません。

60W以下の充電器、たとえば30W充電器でも充電は可能ですが、限りなく充電時間が遅くなります。また、充電しながら作業を継続していると充電できなかったり、プラマイゼロどころか充電が減っていくこともありますので、基本的には30W充電器の使用は推奨されません。

以下、60W出力できるUSB PD充電器を紹介します。

 

【筆者おすすめ】MacBook Proの代用充電器(USB PD充電器)3選

筆者がMacBook Pro 13ユーザーということもあり、当ブログ(ガジェットDB)でも60W出力のUSB PD充電器を優先的にレビューしてきました。その中でも特に良かったのが以下3つです。

  1. Anker PowerPort Speed 1 PD 60(A2015)
  2. RAVPower 61W USB-C急速充電器(RP-PC112)
  3. ENERGEAR AC65W
 

1. Anker PowerPort Speed 1 PD 60(A2015)

【おすすめポイント】コスパ重視ならこれ、メジャーな60W充電器の中では最安値

人気ガジェットメーカー「Anker」のUSB PD充電器。最大60W出力できます。

直販価格で2,799円。黒一色の無骨なデザインですが、そのせいか60W充電器の中では最安クラスの価格設定を実現しています。コスパ重視で選ぶのであれば第一候補に挙げられます。

サイズ感(縦6cm、横6.5cm、厚さ3cmほど)

価格の割に物自体はしっかりしており、仕様設計も問題ありません。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60の出力値(PDO)。一般的なUSB PD充電器の仕様通り。

重量は140gほど。Apple純正充電器(Apple 61W USB-C充電器)よりも一回り小さいサイズですのでカバンの中でも邪魔になりません。

Apple純正充電器(61W、写真右)とのサイズ比較

【Amazonで見る】

【レビュー記事を見る】

Anker PowerPort Speed 1 PD 60(A2015)レビュー|MacBookも充電できるUSB PD充電器
AnkerのUSB PD充電器「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」(A2015)をレビューします。 Anker Powe...

 

2. RAVPower 61W USB-C急速充電器(RP-PC112)

【おすすめポイント】世界最小・最軽量クラスの60W(61W)充電器

中華メーカー「RAVPower」が手掛ける61W充電器(以下”60W充電器”と表記)。

60W充電器としては世界最小・最軽量を謳っており、実際に手に取ると本当に小さく感じます。片手で握り込めるサイズ感です。

サイズは縦5cm、横5cm、厚さ3cmほど

Apple純正充電器よりも二回りほど小さく、重量も半分程度です(106g)。このサイズ感は間違いなく魅力です。

Apple純正充電器(61W、写真右)とのサイズ比較

ただ、一部出力値で表記とも仕様とも異なる部分があり、この1点だけが精神衛生上のマイナスとして挙げられます。

RAVPower RP-PC112の出力値(PDO)。表記通り、仕様通りなら「5V/3A」となるはずが実際の出力値は「5V/2.4A」だった。

詳しい内容はレビュー記事に記載してありますが、MacBook Proの充電には影響しない部分の仕様違いですので、MacBook Proの代用充電器としては問題なく使えます。

【Amazonで見る】

【レビュー記事を見る】

RAVPower 61W USB-C急速充電器(RP-PC112)レビュー|MacBook Proで使えるUSB PD充電器
RAVPower 61W USB-C急速充電器(RP-PC112)を購入したのでレビューします。 RAVPower 61W USB-C急速充電器は...

 

3. ENERGEAR AC65W

【おすすめポイント】数少ないUSB-IF認証(業界正規認証)を取得した65W充電器

国内ベンチャー「GOPPA」(ゴッパ)が手掛けるUSB PD充電器。

業界見ても数少ないUSB-IF認証(業界正規認証)を取得した65W充電器であり、高出力充電器ならではの不安を一蹴する安心、安全面での担保が何より評価できます。

出力値(PDO)も問題なし

USB-IF認証の取得は各々メーカーの任意であり、義務ではありません。ただ、仕様違いのUSB PD充電器が増えている中で律儀に金払って認証テストを通しているだけで好感が持てます。

そこまでコンパクトな充電器ではなく、サイズはApple純正充電器相当の大きさです。本体重量も190gとほぼほぼApple純正充電器を意識して設計されます。

Apple純正充電器(61W、写真右)とのサイズ比較

サイズは縦7cm、横7.5cm、厚さ3cmほど

ただ何よりUSB-IF認証という安心・安全面での担保がありますので、高出力充電器ならではの心理的不安を払拭するには丁度よい1品かと思います。

【Amazonで見る】

【レビュー記事を見る】

【USB PD充電器】ENERGEAR AC65Wレビュー|業界正規仕様の高出力充電器
USB PD充電器「ENERGEAR AC65W」(エネギア AC65W)をレビューします。 同充電器は最大65W出力できるUSB PD充電器です...

なお、ENERGEAR AC65Wには85W出力版もあります。MacBook Pro 15、16ユーザーはこちらを選ぶと丁度よいです。

 

まとめ

MacBook Proの代用充電器の選び方、および筆者おすすめの代用充電器を3つ紹介しました。

ここ数年で60W出力できるUSB PD充電器が増えたこともあり、MacBook Proの代用充電器一つ取っても非常に選択肢が増えました。その一方、どこの馬の骨かもわからない製品も増えましたので、キャッチーな言葉に踊らされず堅実に充電器を選びましょう。

当記事で紹介したUSB PD充電器まとめ

Anker PowerPort Speed 1 PD 60(最大60W)

RAVPower 61W USB-C急速充電器(最大61W)

ENERGEAR AC65W(最大65W)

ENERGEAR AC85W(最大85W)

タイトルとURLをコピーしました