Galaxy Note10+のカメラで撮影した写真サンプル集

Galaxy Note10+のカメラを試しに埼玉県川越市に行ってきました。

Galaxy Note10+のカメラは、Galaxy S10などと同じく標準&超広角&望遠レンズの3眼仕様です。これに加えてTOFセンサーを新搭載しており、ボケ描写などが強化されました。

以下では、Galaxy Note10+でオート撮影した無加工写真を掲載していきます。Galaxy Note10+のカメラを使うとどういった写真が撮れるのかの目安にどうぞ。ついでに川越も見てください。

Galaxy Note10+のカメラで撮影した写真サンプル集 in 川越

(写真クリックで拡大)

周回コース

おおよその周ったコースですが、JR川越駅から喜多院、川越城本丸御殿、氷川神社、蔵の街といったベタベタな観光をしてきました。マップだと以下の通りです。

(写真クリックで拡大)

ちなみに、同マップはGalaxy Note10+のキャプチャメモ機能で作成したものです。Galaxy Note10+では好きな画面のキャプチャを撮って、Sペンで直接線画(殴り書き)できるので便利です。

では以下は喜多院より。

喜多院

川越大師。三が日には40万人の参拝客が訪れます。徳川家ご贔屓の寺でもあり、江戸城の一部が移転されたりなんだり。

川越城富士見櫓跡

天守閣が無かった川越城の高台見張り台。思った以上に何もありませんでした(そして登れませんでした…)。

川越城本丸御殿

関東七名城の一つ。関東で唯一残存する本丸御殿とのこと。写真は内庭から撮影。

氷川神社

川越の鎮守神を祀った神社。縁結びで有名。夏場はかの有名な風鈴模様が見れます。

氷川神社の大鳥居。木製鳥居としては国内最大級の15m。

蔵の街

川越のメイン観光エリア。

大沢家住宅(重要文化財)

スタバ喫茶(蔵の街仕様)

時の鐘

川越のシンボル。Galaxy Note10+の超広角レンズ、標準レンズ、望遠レンズでそれぞれ撮影しました。

(超広角レンズ撮影)

(標準レンズ撮影)

(望遠レンズ撮影)

大正浪漫通り

大正レトロな商店街。観光地よりかは本当に普通の商店街でした。

(超広角レンズ撮影)

(標準レンズ撮影)

(望遠レンズ撮影)

 

所感

Galaxy Note10+のカメラは、オート撮影一つで簡単にプロっぽい写真が撮れます。特に超広角レンズでの撮影は描写域だけでなく、画質そのものも良いので、一見スマホカメラとは思えないクオリティでした。さすがはGalaxyの最新フラッグシップモデルですな。

関連記事

Galaxy Note10+(国内版)レビュー、使い勝手やサイズ感を実機で解説
ドコモ/auより発売開始されたGalaxy Note10+(国内版、SC-01M、SCV45)をレビューします。 先日、Galaxy HarajukuのイベントにてG...
タイトルとURLをコピーしました