Google Pixel 4を買うべきポイントまとめ

もしかしたらGoogle Pixel 4を買うかもしれない管理人そきです。

10月24日(木)から発売開始するGoogle Pixel 4ですが、買うという前提でどういった部分がすごいのか、注目すべきなのかまとめました。というか賛美します。

ここがすごいぞPixel 4

AIデジタル一眼レフカメラ

Pixel 3はシングルカメラだったこともあり、ソフト上位のフォトショ感がありました。Pixel 4では2眼カメラとなり、ようやくハードがソフトに追いついてきたよう思えます。

昨今の流行りである標準レンズ(広角レンズ)と望遠レンズを組み合わせており、一眼レフのような奥行き、構図、ボケを踏まえた写真撮影が可能です。これに加えてPixelならではのAI調整、自動ソフト調整も備えており、まさしくAIデジタル一眼レフカメラと言えましょう。

また、Pixel 3同様にNight Sight(夜間撮影モード)を搭載するほか、光量調整による天体撮影も可能です。いじり倒し甲斐がありますね。

 

Record(文字起こし録音アプリ)

界隈で地味に注目されてる録音アプリ。リアルタイムで録音内容が文字起こしされます。ブログの骨子案とかアイディアを考えてるときにグダグダ言いながら文章が書けそうなので個人的にも期待してます。日本語対応は来年春とのこと。

Googleアシスタントの音声メモだと、喋るのを止めるとそのまま録音も停止してしまうため、こういった間を取りながらの文字起こし(メモ)はできません。上記ツイートを見るに、録音中の間も含めて継続して文字起こしできるため、非常に便利かと思います。早く使ってみたいです。

 

今の時代には貴重な5.7インチモデル(片手持ちできる)

Pixel 4は画面5.7インチ、縦14.7cm、横6.9cmの小型モデルです。本体重量も162gと軽く、iPhoneはじめとした180〜200g台のスマホよりも軽さ際立ちます。普段使いの片手スマホとして考えた場合には、どんぴしゃりなサイズ、重量感でしょう。

 

そのほかガジェオタ的【良】ポイント

Qi対応

おっとXPERIAの悪口はそこまでだ。

USB PD対応

最近のスマホでは対応していない方が稀ですが、USB PD(急速充電)に対応します。同じくUSB PD対応のMacBookなどと充電器、モバイルバッテリーが統一できて楽です。

おサイフケータイ(felica)対応

筆者はキャッシュレスガチ勢なのです。

eSIM対応(ようやく)

Pixel 3では国内版のみ省かれたeSIMですが、Pixel 4でようやく解禁となりました。

eSIMは日本国内だとIIJmioの実験的サービスしかありませんが、台湾、香港あたりだとプリペイドタイプの商業eSIMサービスが始まっているので、旅行するときなどに便利です。

iPhone仕様の顔認証機能

Pixel 4は指紋認証が廃止され、顔認証オンリーのモデルとなりました。超高速顔認証だそうです。

ただ、それ以上に同顔認証は赤外線とドットプロジェクターを使ったiPhone仕様の顔認証のようで、暗所でも使えます(使えると思われます)。Android標準の顔認証だと単なる絵合わせですので、セキュリティが甘いどころか暗所では使えません。さすがにPixel 4では採用しないようで安心しました。

iPhone顔認証を実現する『TrueDepthカメラ』の仕組みと未来とは?
iPhone Xに搭載されている先進機能「TrueDepthカメラ」。顔がパスワードになる「Face ID」や、顔の表情が絵文字になる「アニ文字」の利用を実現した革新的なシステムの仕組みを解説する。

Motion Senseはどうだろう(判断保留)

Pixel 4の売りとして大々的に宣伝される「Motion Sense」(ジェスチャー操作機能)。

この手のジェスチャー操作機能は定期的にAndroidスマホに実装されますが、いまいち使いどころがなく、意識しないと使わないおもちゃ感があります。Motion Senseに関しても個人的にはそこまで期待していませんが、読者の皆さまはいかがでしょうか。

 

まとめ

Pixel 4の注目ポイントについてまとめました賛美しました。

筆者はPixel 4を買うかGalaxy S10を買うかで本気で迷ってます。サブ端末ならまだしもメイン端末として暫く運用する予定ですので迷います。

匿名アンケートやってますのでアドバイスください。

Pixel 4とGalaxy S10、メインで使うならどっち?
タイトルとURLをコピーしました