楽天モバイル スタートガイド|料金プランから実際の使い勝手まで解説します

広告

楽天モバイルの概要

楽天モバイルは2020年4月にスタートした楽天の携帯サービスです。格安SIMではなく、ドコモやauと同じく自前の通信基地を使った一キャリアサービスとなります。

楽天回線エリアは都市部の一部地域に限られますが、楽天回線エリア外ではau回線が使えます。au回線はローミング接続で提供されるため、格安SIMのような通信延滞はありません。

まだまだ玄人向けの色合いが強い楽天モバイルですが、使いこなせさえすればY!mobile、UQmobileなどのサブブランドよりもコスパに優れます。

楽天モバイル公式サイトを確認する
[楽天モバイル公式サイトを開きます] 

 

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルは現時点で以下1プランのみの提供です(以下すべて税抜き表示)。

プラン名 月額料金 月間データ容量 通話料
Rakuten UN-LIMITプラン 2,980円 無制限(or 5GB) 国内通話無料

キャンペーンなど

  • 契約1年間は月額無料に(先行300万ユーザー限定)

チェックポイント

  • 2年縛り&契約解除料なし
  • 楽天回線エリアならデータ使い放題、エリア外だとau回線を月5GBまで(以降は1Mbps制限)
  • 通話料無料は専用アプリ必須(アプリはAndroid版のみ配信)

楽天モバイルの料金プラン総括

都市部を除けばほぼau回線サービス。au回線はローミング接続で提供されるため、格安SIMのような通信延滞がありません。その上で月5GBまで、以降も1Mbps制限で使えるとなると非常にコスパが良いです。

通話に関しては専用アプリ「Rakuten Link」を使えば通話料無料になります。ただ、iPhone向けにはアプリが提供されていないため、iPhoneで使う場合は通話料が通常どおり30秒/20円発生します。

 

楽天モバイルの通信品質

楽天回線エリアはほぼ都市部のみ。地方ではパートナー回線ことau回線が主となります。

楽天回線の通信品質

大手キャリア以下、格安SIM以上のまさにサブキャリアならではの通信速度が出ます。普段使いで問題は感じません。

(写真クリックで拡大)

楽天回線オンリーであれば月間無制限でデータ通信が利用できるため、WIMAXのようなポジションでの運用も現実的かと思います。

ただ、月間無制限と言いながらも1日10GB使うと翌日まで速度制限がかかりますので、この点は注意が必要です。

 

au回線の通信品質

パートナー回線ことau回線はローミング接続で提供されます。格安SIMと違ってユーザーの同時接続による通信延滞が起きないので、昼間や夕方など混み合う時間帯でもストレスフリーに使えます。

(写真クリックで拡大)

地方住みユーザーであれば最初から楽天モバイルを高品質なau回線サービスとして考えても問題ないでしょう。

 

楽天モバイルで使えるスマホの選び方

楽天モバイルで問題なく使えるスマホ

楽天モバイル専用スマホ

楽天モバイル向けにカスタマイズされた専用スマホ。楽天回線(バンド3)、au回線(バンド18or26)ともに問題なく使えます。スマホラインナップは公式サイトより。

 

楽天モバイルを使うのに一定の注意必要(チャレンジャー向け)

auスマホ

SIMロック解除したauスマホであれば、大方楽天モバイルが利用できます。

ただ、一部のauスマホはバンド3(楽天回線)には対応しておらず、楽天回線が受信できません。該当auスマホがバンド3に対応しているかは以下auページで確認できます。

SIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧 | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au

また、現時点で楽天モバイルが始まったばかりとあり、さして公式の動作確認も進んでおらず、機種によっては一部機能が制限されてる場合があります。ここら踏まえるとチャレンジャー向けと言えます。

ご利用製品の対応状況確認 | 製品 | 楽天モバイル
楽天回線対応の楽天モバイル公式スマートフォンなら「Rakuten UN-LIMIT」が思う存分楽しめる!お持ちのスマホがご利用できるかどうかを簡単にご確認いただけます

 

iPhone

SIMフリー版iPhone、SIMロック解除したキャリア版iPhone、どちらも楽天回線(バンド3)とau回線(18or26)に対応しているため、楽天モバイル自体は利用できます。

ただ、au回線利用時のSMS送受信に対応しておらず、楽天回線とau回線の自動切り替えもできません。また、iPhone XR(2018)以前のiPhoneでは楽天モバイル自体が利用できません。

楽天モバイルに対応しているiPhoneリスト、iPhone XR以前の機種は全滅(クリックで拡大)

【関連記事】

【実機で解説】iPhone SE(2020)で楽天モバイルは使える?
2020年4月にスタートした楽天の携帯キャリアサービス「楽天モバイル」。iPhone SE(2020)でどこまで使えるのか実機で解説します。 iPhone S...

 

SIMフリースマホ(Androidスマホ)

大方日本国内で購入できるSIMフリースマホであれば、楽天回線(バンド3)とau回線(バンド18or26)に対応しているため、楽天モバイルが利用できます。

ただ、個別の機種によっては動作不安定なものもありますので、事前に公式の動作確認ページを確認しておきましょう。

ご利用製品の対応状況確認 | 製品 | 楽天モバイル
楽天回線対応の楽天モバイル公式スマートフォンなら「Rakuten UN-LIMIT」が思う存分楽しめる!お持ちのスマホがご利用できるかどうかを簡単にご確認いただけます

 

楽天モバイルではほぼ使えず(※利用は推奨されず)

ドコモ、ソフトバンクスマホ(iPhone除く)

ドコモ、ソフトバンクスマホは、楽天回線(バンド3)に対応しているため、SIMロック解除すれば楽天回線で利用できます。

ただ、au回線に対応していないほか、楽天回線下でも動作が不安定な端末が多く、基本的に楽天モバイルでの利用は推奨されません。

 

まとめ|楽天モバイル、どういう人におすすめか

1. 既存の格安SIM利用者

格安SIMならではの遅さを実感している人であればなおさら。楽天回線もちろんau回線もローミング接続で利用できるため、格安SIMのような通信延滞、パケ詰まりがありません。格安SIMだと辛い昼間や夕方でも安定的に通信できます。

 

2. 安くて高品質なau回線サービスを探している人(主に地方住みユーザー)

先述通り、楽天モバイルで提供されるau回線はローミング接続となるため、au回線の格安SIMよりも高品質です。特に地方住みの方なら最初から楽天回線には目もくれず、au回線狙いで楽天モバイルを使うのも十分に現実的です。

 

3. データ通信メインで使いたい人(主に都市部ユーザー)

楽天回線エリアであればデータ通信が月間無制限で利用できるため、固定回線のようにしてヘビーユースするのに丁度よいです。

ただ、月間無制限ながらも1日10GB使うと翌日まで速度制限がかかるため、この点は注意しましょう。

楽天モバイル公式サイトを確認する
[楽天モバイル公式サイトを開きます]

  

関連記事

サブキャリア主要3社を徹底比較|Y!mobile、UQmobile、楽天モバイルどれがいい?
サブキャリアとは? サブキャリアとは、大手キャリアと格安SIMの中間に位置する携帯サービス(事業者)のこと。Y!mobile、UQmobile、楽天モバイルが...
【実機で解説】iPhone SE(2020)で楽天モバイルは使える?
2020年4月にスタートした楽天の携帯キャリアサービス「楽天モバイル」。iPhone SE(2020)でどこまで使えるのか実機で解説します。 iPhone S...
タイトルとURLをコピーしました