RAVPowerの急速充電器(USB PD充電器)を出力別に一挙解説

広告

RAVPower充電器の魅力とは

ここ1年ほど破竹の勢いで人気拡大している中華充電器メーカー「RAVPower」(ラブパワー)。非常に小さな、ミニマルな充電器を作っていることで知られ、特に2019年に発売されたRAVPower 61W USB-C急速充電器が人気拡大するブレークスルー商品となりました。

RAVPower 61W USB-C急速充電器。60W台充電器としては世界最小・最軽量。

同充電器もそうですが、これだけの小型充電器ながらMacBook Proも充電できる高出力充電器、USB PD充電器として作られており、小型かつ高出力な充電器としてノマドワーカーから高い人気を誇ります。

また、RAVPower充電器は同業Ankerをも凌ぐ30ヶ月(=2年半)の製品保証サービスを提供しており、長いサポートが受けられます。この点もRAVPowerならではの魅力として挙げられます。

まとめると、

  1. 圧倒的ミニマルさ
  2. MacBook Proも充電できる高出力充電器
  3. 30ヶ月の製品保証

もっぱらこの3点がRAVPower充電器の魅力と言えます。

では実際にどんな充電器があるのか。以下ではRAVPowerの急速充電器(USB PD充電器)に限り、出力別に紹介、解説していきます。

 

RAVPowerの急速充電器(USB PD充電器)を一挙解説

2020年時点で以下5製品が主要ラインナップとして挙げられます。

製品名 直販価格(税込) 最大出力 関連リンク
RAVPower USB-C 急速充電器(RP-PC120) 2,499円 30W [Amazon]
RAVPower USB-C急速充電器(RP-PC104) 3,299円 45W [Amazon]
RAVPower 61W USB-C急速充電器(RP-PC112) 3,999円 61W [Amazon]
RAVPower USB-C急速充電器(RP-PC133) 4,599円 65W+18W [Amazon]
RAVPower USB-C急速充電器(RP-PC128) 5,599円 90W [Amazon]

(価格情報は2020年8月時点)

以下それぞれ見ていきます。

RAVPower USB-C急速充電器(RP-PC120)(最大30W)

RAVPower超え業界最小クラスの急速充電器(USB PD充電器)。窒化ガリウムこと「GaN」を使った次世代充電器であり、一見するとサイズ感がバグってる小ささを実現しました。

サイズ的にはコンセントプラグほど

このサイズながら最大30W出力に対応。30Wと言うと、スマホはもちろん、iPad Proなどタブレット、MacBook Airなどの薄型ノートPCも充電できる出力です。これ1台でも大方事足りる人も多いことでしょう。

【Amazon直販で見る】

【レビュー記事を見る】

RAVPower USB-C急速充電器(RP-PC120)レビュー|30W出力の小型USB PD充電器
小型で高出力の充電器を数多く手がけるRAVPower(ラブパワー)から新たな製品が発表された。それが今回レビューする「RAVPower USB-C急速充...

 

RAVPower USB-C急速充電器(RP-PC104)(最大45W)

最大45W、MacBook Proなどの充電も可能な急速充電器(USB PD充電器)。

2018年12月発売と少しばかり古めの充電器ですが、窒化ガリウム(GaN)を使った元祖RAVPower充電器であり、厚さ1.6cmのスリムボディを実現しました。

【Amazon直販で見る】

 

RAVPower 61W USB-C急速充電器(RP-PC112)(最大61W)

2019年夏に発売され、一躍RAVPower人気を拡大させた小型充電器の雄。MacBook Proをも充電できる60W(61W)充電器であり、その見た目とは裏腹の力強さに度肝抜かれました。

名実ともに60W台充電器の中では世界最小・最軽量クラスの製品であり、この小ささを知ってしまうとMacBook Pro 13に同梱されるApple純正充電器(61W充電器)が野暮ったく感じます。

Apple純正充電器(61W充電器、写真右)とサイズ比較

特に外出用途のPC充電器としては現状最右翼とも言える製品ですので、ノマドワーカーやテレワーカーなど出先でノートPCを使う人は積極的に検討あれ。

【Amazon直販で見る】

【レビュー記事を見る】

RAVPower 61W USB-C急速充電器(RP-PC112)レビュー|MacBook Proで使えるUSB PD充電器
現行MacBookシリーズがUSB PD充電を採用したこともあり、今まさにUSB PD充電器への注目が高まっている。他方、MacBook Pro 13な...

 

RAVPower USB-C急速充電器(RP-PC133)(最大65W+最大18W)

小型かつ高出力かつ2ポートを実現したハイパフォーマンスモデル。筆者愛用モデルです。

2ポート充電器とあり、サイズ的には先のRAVPower 61W USB-C急速充電器よりも大きめです。ただ、USB PD充電器では珍しい急速充電できるUSB Type-Aポートを備えたモデルであり、ワイヤレス充電器などUSB Type-A環境を使わざるを得ない人であれば重宝します。

2ポート充電器ながら同等出力のApple純正充電器(61W充電器)よりも小さいのはさすが。

Apple純正充電器(61W充電器、写真右)とサイズ比較

【Amazon直販で見る】

【レビュー記事を見る】

【USB PD充電器】RAVPower PD 65W(RP-PC133)レビュー|最大65Wの高出力2ポート充電器 #PR
#PR 当記事はメーカー元より商品提供を受けた上でのPRレビューです。 ここ1年ほどで飛躍的に知名度を高めている充電器メーカーがある。それがRAVPo...

 

RAVPower USB-C急速充電器(RP-PC128)(最大90W)

2020年4月発売の新作モデル。業界見ても数少ない90W充電器です。急速充電こと「USB PD充電」自体が理論値最大100Wの充電規格となるため、ほぼほぼ理論値MAXに近い出力が出せます。もっぱらMacBook Pro 15、MacBook Pro 16などを充電するのに丁度よいスペックです。

また、インタフェースにはUSB PD対応のUSB Type-Cポートを2つ備えており、2ポート同時充電時でも合計90Wで出力できます。MacBook ProとiPad Proの同時充電なども楽々可能です。

【Amazon直販で見る】

【レビュー記事を見る】

RAVPower RP-PC128レビュー|90W出力できる”超”高出力のUSB PD充電器
USB PDは理論値最大100Wで充電できる充電規格だ。その上で今回レビューする「RAVPower RP-PC128」は、最大90Wまで出力を上げられる...

 

この記事のまとめ

RAVPowerの急速充電器(USB PD充電器)を紹介、解説しました。

小さくて高出力な充電器の代名詞となりつつあるRAVPower充電器。目下懸念だった出力値の仕様違い(PDO違い)も改善されつつあり、目立たぬ努力が見て取れます。

ノートPCなどを使っていて、小さくて高出力な充電器を探している人であればRAVPower充電器を試してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したRAVPower急速充電器まとめ

▼ RAVPower USB-C急速充電器(RP-PC120)(最大30W)

▼ RAVPower USB-C急速充電器(RP-PC104)(最大45W)

▼ RAVPower 61W USB-C急速充電器(RP-PC112)(最大61W)

▼ RAVPower USB-C急速充電器(RP-PC133)(最大65W+最大18W)

▼ RAVPower USB-C急速充電器(RP-PC128)(最大90W)

タイトルとURLをコピーしました