AirPods Pro実機レビュー|Apple初のノイズキャンセリングイヤホンの実力やいかに

広告

ガジェオタから一般層まで幅広い人気を誇るAppleのワイヤレスイヤホン「AirPods」。その上位版モデルとなる「AirPods Pro」が発売となりました。

Apple初のノイズキャンセリングに対応したワイヤレスイヤホンとあり、発売から売り切れが続く人気っぷりです。とはいえ、実際の実力はどの程度なのか疑心暗鬼の人も多いはず。そこで筆者が自腹でAirPods Proを購入し、実機でじっくり試してみました。

AirPods Proの購入を検討されている方は一読あれ。

レビュー対象製品

AirPods Proとは?

AirPods Proは2019年10月に発売開始となったAppleの新作ワイヤレスイヤホンです。

従来AirPodsの上位版に位置付けられ、オーディオ再生時の雑音を除去するノイズキャンセリング(アクティブノイズキャンセリング)に対応します。

直販3万円と業界見ても高価格帯のワイヤレスイヤホンですが、ノイズキャンセリングに対応したワイヤレスイヤホンはおおよそ2万円〜3万円台が相場なので、極端に割高というわけではありません。ノイズキャンセリングイヤホンとして考えれば妥当な価格設定でしょう。

AirPods ProをAmazonで確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

AirPods Proの代名詞たるノイズキャンセリングを試す

AirPods Proの代名詞とも言えるノイズキャンセリングですが、実際に使ってみると非常に完成度が高く、予想以上の出来でした

さほどオーディオに詳しくない人でもイヤホンを付けた瞬間に雑音が消えるのが分かります。風の音、電車の音、擦れた音、革靴のカツカツ音、キーボードのタッチ音などきれいに消えます。

女性ならではの甲高い声や最低限の生活音は聞こえますので、完全な雑音除去とは言えませんが、オーディオの音だけが聞こえる、その感覚が存分に味わえます。

オーディオ再生を止めた状態だとほぼほぼ無音なので、耳栓代わりに使うのも十分アリです。自宅や図書館などで使うと本当に静かです。

特に粗があるわけでもなく、Appleらしい完成度と言えます。ノイズキャンセリングを何より評価する方であれば即買いして問題ありません。

AirPods ProをAmazonで確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

そのほかAirPods Proの細かいところを確認

デザイン・装着感

うどん一転、マタツボミに進化しました。

この独特な楕円形デザインに加えて、従来AirPodsにはなかったシリコン素材のイヤーチップが付いているため、耳に付けたときのホールド感は断然アップしてます。

耳に付けた感じ。ものすごい絶妙な引っ掛かり具合です。

また、耳の穴に入れるとイヤホンの重心が内側を向き、顔のラインに沿うよう設計されています。

依然として耳の穴に引っ掛けるだけですので(雑な方だと)紛失の不安はありますが、うどんが短くなったことも踏まえ、従来AirPodsよりも重量バランスはよく、イヤホンが外れにくいです。

耳の穴に入れるとこんな角度に

 

イヤーチップ

AirPodsシリーズでは初めて搭載されたイヤーチップ。サイズがS、M、Lから選べるため、耳の穴のサイズに合わせて調整できます。

なお、イヤーチップはApple独自規格を採用しており、他社が販売する汎用品は使えません。Appleらしさ一方、交換品は1サイズ2セット900円といい値段がします。

 

ケース

従来AirPodsよりも横長デザインになりました。

写真の縦4.5cm、横6cm

厚さは1.8cmほど

男性ズボンの小ポケットにも入るコンパクトサイズです。

開いたイメージ。

ケース+イヤホンでも56g程度ですので、重さはほとんど感じません。

 

音質

音質は価格不相応ですね(悪い意味で)

普段使いでは支障ありませんが、3万円のワイヤレスイヤホンと言われると戸惑います。ほぼほぼ1万円台のクオリティでしょう。

オーディオ評で言えばカマボコ型、音の強弱が少ないフラットな音質です。

これが意図して設計されたのであればまだしも、どちらかと言うとAirPods Proは力不足ゆえのカマボコと言うべきでしょうか。音が突き抜ける感じがなく、男性MCラジオなど少しこもったようにも聞こえます。

昨今、ソニーはじめとしたオーディオメーカーが2万円〜3万円の音質重視のワイヤレスイヤホンを相次いで発表していますので、どうしてもこれらに比べると音質は劣りますし、価格不相応の出来と言わざるを得ません。

 

外音取り込み機能

ノイズキャンセリングと合わせてAirPods Proの代名詞扱いされる外音取り込み機能。

補聴器のように周囲の音(声など)を拾う機能です。主にイヤホンを付けたまま他人と会話するときに使います。

黒い部分がイヤホン外側の集音マイク、ノイズキャンセリングでも使用

イヤホン横の感圧ボタンを長押しすることで外音取り込み機能がON/OFFできるため、逐次必要なタイミングで起動できます。

イヤホン横の感圧ボタン

実際に使ってみると、非常にナチュラルに外音が聞こえます。ダクト音のような「ゴーッ」と言った音が強調されますが、それでも下手なワイヤレスイヤホンのような吃った感じにはならず、イヤホンを付けたまま難なく他者と会話できます。

 

接続安定性

従来AirPodsの代名詞とも言える接続安定性はAirPods Proでも健在。駅や街中など人通りが多く、混線しがちな場所でも接続切れ、音切れ、通信延滞などありません。

 

マイク感度

AirPods Proはイヤホンマイクが付いてるため、ビデオ通話や音声通話のマイク代わりに使えます。

マイク感度は良く、室内利用、野外利用どちらも問題なく声が通話相手に届きます。使っていて特に不満は持ちませんでした。

通話は内側マイクを利用

 

ボタン操作

AirPods Proは感圧ボタンを使ったボタン操作が可能です。従来AirPodsではタップ操作(タッチ操作)でした。

感圧ボタンだと押した感触が手に残るため、ボタンの複数回押しなど操作しやすいです

感圧ボタン

なお、ボタン操作では、

  • 1回押しでオーディオ再生/停止、電話応答
  • 2回連続押しで次の曲に
  • 3回連続押しで前の曲に
  • 長押しで「ノイズキャンセリング」と「外音取り込み機能」を切り替え

以上4つの機能が割り当てられます。

また、イヤホンマイクに「Hey! Siri」と呼びかけるとSiriが起動できます。

 

バッテリー持ち

イヤホン単体で5時間、ケース併用時は24時間のバッテリー持ちです。ノイズキャンセリング使用時はもう少しバッテリー減りが早くなります。

ノイズキャンセリング使用時を除けば、バッテリー持ちは従来AirPodsと変わっておらず悪くありません。業界一般的なバッテリー水準です。

 

充電環境

ライトニング端子を使ったケーブル充電とワイヤレス充電(Qi充電)に対応します。

充電時間はさほど長くなく、Appleいわく5分で1時間分の充電とは言ったものです。

AirPods ProをAmazonで確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

まとめ|AirPods Proは購入すべき?

AirPods Proはノイズキャンセリング狙いで購入すべきワイヤレスイヤホンです。ノイズキャンセリングに何より価値を見出す方であれば購入して問題ありません。

欠点はやはり音質、オーディオ性能ですね。

AirPods Proの音質は極端に悪いわけではありませんが、さすがに3万円のワイヤレスイヤホンとは思えません。せいぜいよくて1万円台のクオリティです。

あくまでオーディオとして評価するとなると、たとえば、ソニー「WF-1000XM3」の方が評価高いですし、なによりノイズキャンセリングに対応しながら2.4万円で購入できるコスパの良さもあります。いかんせん比べてしまうとAirPods Proは分が悪いです。

▼ソニーWF-1000XM3

もちろんノイズキャンセリングはAirPods Proの代名詞と言える完成度の高さです。また、AirPodsシリーズならではの接続安定性やiPhoneとの親和性も評価すべきです。

Androidユーザーだったり、音質重視のワイヤレスイヤホンが欲しい人だとからなずしも魅力的とは言えませんが、iPhoneユーザーでiPhoneで使うノイズキャンセリングイヤホンを探している人であれば丁度よい1品と言えます

レビュー対象製品

関連記事

【レビュー】AndroidスマホでAirPods Proが使えるか試してみた
Appleの新作ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」。iPhone向けのワイヤレスイヤホンのイメージが強いですが、物自体はBluetooth 5.0のワ...
タイトルとURLをコピーしました