Anker PowerPort Atom III Slim(A2614)レビュー|Anker史上最もミニマルなUSB PD充電器

広告

AnkerのUSB PD充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」をレビューします。

Anker史上最もミニマルな充電器です。ミンティアケースほどのサイズ感を実現しており、ガジェット超えモノとしての愛着がわく仕上がりです。

スペック的には最大30W出力できるUSB PD充電器であり、これ1台でスマホやタブレットはもちろん、MacBook Airなど薄型ノートPCをも充電できます。

以下ひととおりレビューしていきます。

レビュー対象製品

製品レビュー

Anker PowerPort Atom III Slimは、Anker社が発売するUSB PD充電器です。

2019年9月に発売した充電器で直販2,577円で発売されます。30W充電器として非常に費用対効果に優れるほか、そのサイズ感、質感など一見して2,000円台の充電器として思えない仕上がりです。

Anker PowerPort Atom III SlimをAmazonで確認する
 

 

外観・サイズ

非常にコンパクトな充電器です。縦7.6cm、横4.5cm、厚さ1.6cm、サイズ的にはミンティアケースほどの大きさです。

(縦7.6cm、横4.5cm、厚さ1.6cm)

厚さは1.6cm。ミンティアケース2枚分といったところ。

プラグは折りたためます。

重さは58g、同等スペック製品(30W充電器)の中では最軽量級です。

Anker PowerPort Atom III Slimは、いわゆる「窒化ガリウム」(GaN)充電器とあり、従来のシリコン充電器よりも圧倒的な小型化、軽量化を果たしました。

表面はスリーブ加工されており、少しざらついた触り心地が気持ちいいです。見た目も高級感、おしゃれ感があって良いです。

Anker PowerPort Atom III SlimをAmazonで確認する

 

充電レビュー

Anker PowerPort Atom III Slimは、最大30W出力できるUSB PD充電器です。スマホやタブレットはもちろん、MacBook Airなど薄型ノートPCをも充電できます。

以下スマホ、タブレット、PCと充電を試します。

 

スマホ充電

Galaxy S10を充電したところ、約12W(8.70V==1.38A)で充電できました。

(写真クリックで拡大)

充電ケーブルは同じくAnker社の「Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル」を使いました。

USB PD充電器でスマホを充電する場合、おおよそ10W〜18Wの充電となります。バッテリー残量により充電出力が変動します。

 

タブレット充電

iPad Pro 10.5を充電したところ、約27W(14.5V==1.86A)で充電できました。

(写真クリックで拡大)

充電ケーブルはAnker社の「Anker PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル」を使いました。

iPadやAndroidタブレットの充電ではもっぱら30W出力が限度となります。ですので、27W充電はほぼほぼフルスピード充電です。

 

MacBook充電

MacBook Pro 13を充電したところ、約28W(19.6V==1.42A)で充電できました。

(写真クリックで拡大)

充電ケーブルはAnker社の「Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル」を使いました。

MacBook Pro 13は本来60W充電が基本となるため、最大30W出力のAnker PowerPort Atom III Slimではでは出力不足となりますが、とりあえずの充電は可能です(とはいえ、バッテリーを酷使した状態だと充電が難しいです)。

なお、MacBook AirやMacBook 12であれば標準充電器でも30Wのため、問題ありません。

 

Surface充電

Surface Laptop 2を充電したところ、約25W(14.5V==1.70A)で充電できました。

(写真クリックで拡大)

Surface Laptop 2は純正充電器でも最大45W程度であり、30W充電器があれば十分に充電できます。

なお、USB Type-C端子を備えないSurfaceシリーズの場合、Surface Connect経由でUSB PD充電を行います。これに関しては専用ケーブルが必要となります。同レビューでは「Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル」を使いました。

Anker PowerPort Atom III SlimをAmazonで確認する

 

Anker PowerPort Atom III Slimに関する留意点

Anker PowerPort Atom III Slimは、Anker独自規格「PowerIQ 3.0」に合わせて作られた充電器のため、一般的なUSB PD充電器とは一部出力仕様が異なります。

これによる致命的な欠陥・リスクはありません。ただ、製品を購入するにあたって最低限知っておくべき留意点ではあるため、以下簡単に記載します。

PowerIQ 3.0のロゴ

USB PD充電器には「パワールール」なる仕様があり、5V充電時、15V充電時など出力値に応じたアンペア値が決められています。

ただ、これはメーカー側への強制力のない仕様であり、Anker PowerPort Atom III Slimはじめ、Anker独自の仕様である「PowerIQ 3.0」の充電器に関しては、USB PD充電器ながらもパワールールとは異なる一部仕様が採用されます。

  • 一般的なUSB PD充電器の仕様→5V/3A
  • PowerIQ 3.0の仕様(Anker PowerPort Atom III Slim含む)→5V/2.4A

Anker PowerPort Atom III Slimの公称出力値(写真クリックで拡大)

Anker PowerPort Atom III Slimの実際の出力値。5V/3Aではなく5V/2.4Aになっている(写真クリックで拡大)

これに伴い5V充電時の理論上の最大出力が15Wではなく12Wに引き下げられます

昨今ではスマホ充電でも9V充電が一般的であり、5V充電自体がレアケースです。ただ、何かしら5V充電になった際に通常のUSB PD充電器よりも充電速度が遅くなったり、「5V/3A出力できない充電器 = USB PD充電器ではない」と認識され、USB PD充電が行えないといった可能性がありますので一定の留意が必要です。

Anker PowerPort Atom III SlimをAmazonで確認する

 

まとめ

Anker PowerPort Atom III Slimをレビューしました。

一部仕様違いがありますが、大方の充電では問題ありません。普段使いのUSB PD充電器としてスマホ、タブレット、ノートPCの充電に活用できるかと思います。

何よりサイズが非常にコンパクトです。ノマドワークのお供に1台あると便利ですし映えます。是非その小ささをご体感あれ。

レビュー対象製品

関連記事

MacBookシリーズが充電できるAnker充電器(急速充電器)まとめ【2020年版】
USB Type-C端子を搭載した現行MacBookシリーズはUSB PD充電に対応しており、Apple純正充電器を使わずともUSB PD充電器による充電が可能...
タイトルとURLをコピーしました