【USB PD充電器】Anker PowerPort III mini(A2615)実機レビュー

AnkerのUSB PD充電器「Anker PowerPort III mini」(型番A2615)をレビューします。

同充電器は2019年8月発売の新作モデルとなります。USB PD規格で最大30W出力できるハイパワー充電器で、これ1台でスマホ、タブレット、ノートPCなど複数デバイスを充電できます。以下、各々デバイスでの充電具合など調べていきます。

レビュー対象製品

Anker PowerPort III mini
Anker PowerPort III mini (PD対応 30W USB-C 急速充電器)ならAnker(アンカー)公式オンラインストア。iPhone・AndroidやiPad等のスマホ・タブレットにおすすめの急速充電器です。

外観レビュー

(写真クリックで拡大)

本体サイズは縦4.5cm、横5cm、奥行き2.8cm。本体重量は63g。昨年発売された兄弟機「Anker PowerPort Atom PD 1」はプラグが折りたためない欠点がありましたが、Anker PowerPort III miniはプラグが折りたためます。地味に評価できる改良点です。

コンパクト充電器の代名詞たる窒化ガリウム(GaN)を使った充電器ではありませんが、それでも非常に小さな充電器です。だいたいクレジットカードの半分サイズしかありませんので、カバンの中どころか、ズボンポケットの中に入れても気になりません。

クレジットカードの半分サイズ

 

充電レビュー

Anker PowerPort III miniは最大30WのUSB PD充電に対応します。そのため、USB PD対応デバイスであればスマホ、タブレット、ノートPCなどデバイス関わらず充電できます。では実際どんなものか、以下それぞれ充電していきます。

スマホを充電してみる

USB PD対応スマホ「Nokia 9 PureView」を充電します。もっぱらスマホ向けのUSB PD充電では10W〜18Wでの急速充電が可能です。充電ケーブルは同Anker製「Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル」を使います。

測定したところ約16W(8.65V==1.88A)で充電できました。同充電器でUSB PD充電が行われた場合、9V、15V、20Vのいずれかを上限として出力されますから、これは9Vに合わせた充電と判断できます。

 

タブレット(iPad Pro)を充電してみる

iPad Pro 10.5を充電します。iPad ProシリーズはUSB PD充電に対応しており、最大30Wを限度にした急速充電が行えます。充電ケーブルは同Anker製「Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル」を使います。

測定したところ約27W(14.6V==1.85A)で充電できました。同充電器のUSB PD充電出力である9V、15V、20Vのうちの15Vに合わせた充電と確認できます。

USB PD充電ではデバイスの許容電圧に合わせて出力が調整されます。一般的にはスマホ→タブレット→ノートPCと許容電圧(&出力)が大きくなるのが普通です。

 

MacBookを充電してみる

MacBook Pro 13(2016)を充電します。現行MacBookシリーズはUSB PD充電に対応しており、Apple純正充電器でなくともUSB PD充電器であれば充電できます(かくいうApple純正充電器もUSB PD充電器の一つです)。充電ケーブルは同Anker製「Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル」を使います。

測定したところ約27W(19.3V==1.42A)で充電できました。先のiPad Proと同等出力ですが、MacBook Proの方が当然許容電圧は大きいため、15Vではなく20Vに合わせた充電となりました。

ちなみに、MacBook Pro 13は標準60Wで充電する仕様です。同充電器では最大30Wまでしか出力できず、Macのシステム画面でも30W充電器として認識されていました。それゆえ充電自体は問題なく行えますが、標準の60W充電器に比べると幾分充電時間が長くなります。

今回MacBook Proで充電しましたが、MacBook AirやMacBook 12であれば標準30W充電のため、同充電器で充電するには丁度いいです。

 

【補足】PowerIQ 3.0について

Anker PowerPort III miniは、Anker製品初となる「PowerIQ 3.0」に対応します。PowerIQ 3.0とは、USB PDとの互換性を持った出力調整機能と定義されます。とはいえ、ほぼUSB PDと同義であり、PowerIQ 3.0対応 = USB PD対応と捉えてもらって問題ありません。巷ではPowerIQ 3.0自体が同充電器の売りのような風潮もありますが、当記事では特に深追いせず補足程度に済まします。

PowerIQ 3.0対応ポートには「IQ3」と表記あり

 

まとめ

30W出力のUSB PD充電器として問題なく使えます。コンパクトな充電器となりますから、ノマドワークなど外出用途で持ち歩くのに打って付けの充電器でしょう。お値段も2,999円(直販)と手頃で、非常にコスパの良い充電器と言えます。

以上、Anker PowerPort III miniのレビューでした。

レビュー対象製品

 

MacBookユーザーにおすすめ


Anker充電器からMacBookが充電できるモデルだけをPickUpして紹介します。      

記事を読む>> MacBookシリーズが充電できるAnker充電器まとめ

タイトルとURLをコピーしました