Anker PowerPort III mini(A2615)レビュー|電源タップサイズの小型USB PD充電器

広告

AnkerのUSB PD充電器「Anker PowerPort III mini」(型番A2615)をレビューします。

同充電器は2019年8月に発売したAnker新作モデルです。USB PD規格で最大30W出力できるハイパワー充電器であり、これ1台でスマホ、タブレット、ノートPCなど複数デバイスを充電できます。

以下ひととおりレビューします。

レビュー対象製品

製品レビュー

Anker PowerPort III miniは最大30W出力できるUSB PD充電器です。

2019年8月に発売され、Anker直販(AnkerDirect)では2,999円で販売されます。もっぱら30W台のUSB PD充電器の相場価格であり、USB PD充電器の入門モデルとして丁度よい1品です。

Anker PowerPort III miniをAmazonで確認する 

 

外観・サイズ

Anker PowerPort III miniは縦4.5cm、横5.0cm、奥行き2.8cmほどのコンパクトな充電器です。ほぼほぼ電源タップのようなサイズ感を実現しています。

本体重量は63g。一般的な100g超の充電器に比べると圧倒的に軽いです。

昨年発売された兄弟機「Anker PowerPort Atom PD 1」はプラグが折りたためない欠点がありましたが、Anker PowerPort III miniはプラグが折りたためます。地味に評価できる改良点です。

昨今流行りの窒化ガリウム(GaN)素材を使った充電器ではありませんが、それでも非常に小さく仕上がっており、非窒化ガリウム充電器の中では最小・最軽量クラスの製品に名を連ねます(30W台の充電器として)。

Anker PowerPort III miniをAmazonで確認する 

 

充電レビュー

Anker PowerPort III miniは最大30WのUSB PD充電に対応します。USB PD充電に対応したスマホ、タブレット、ノートPCなど種類かかわらず充電できます。

では実際どんなものか、以下それぞれ充電していきます。

 

スマホ充電

USB PD対応スマホ「Nokia 9 PureView」を充電します。

もっぱらスマホ向けのUSB PD充電では10W〜18Wでの急速充電が可能です。充電ケーブルは同Anker製「Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル」を使います。

測定したところ約16W(8.65V==1.88A)で充電できました。

同充電器でUSB PD充電が行われた場合、5V、9V、15V、20Vのいずれかを上限として出力されます。上記は9Vに合わせたUSB PD充電と判断できます。

 

タブレット(iPad Pro)充電

iPad Pro 10.5を充電します。

iPad ProシリーズはUSB PD充電に対応しており、最大30Wを限度にした急速充電が行えます。充電ケーブルは同Anker製「Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル」を使います。

測定したところ約27W(14.6V==1.85A)で充電できました。同充電器のUSB PD充電出力である15Vに合わせた充電と確認できます。

USB PD充電ではデバイスの許容電圧に合わせて出力が調整されます。一般的にはスマホ→タブレット→ノートPCと許容電圧(&出力)が大きくなるのが普通です。

 

ノートPC充電

MacBook Pro 13(2016)を充電します。

現行MacBookシリーズはUSB PD充電に対応しており、Apple純正充電器でなくともUSB PD充電器であれば充電できます(かくいうApple純正充電器もUSB PD充電器の一つです)。

充電ケーブルは同Anker製「Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル」を使います。

測定したところ約27W(19.3V==1.42A)で充電できました。

先のiPad Proと同等出力ですが、MacBook Proの方が許容電圧は大きいため、15Vではなく20Vに合わせた充電となりました。

なお、MacBook Pro 13は本来60Wで充電する仕様です。同充電器では最大30Wまでしか出力できず、当然ながら充電時間は遅くなります。バッテリーを酷使した状態だと充電できないこともありますので、基本的には60W充電器を使いましょう。

システム画面では30W充電器と問題なく認識された

【関連記事】

MacBook Proの代用充電器の選び方|筆者おすすめの充電器も公開
MacBook Proの代用充電器の選び方 USB Type-C端子を採用した現行MacBook Proは、充電規格としてUSB PDを採用しており、...

 

Anker PowerPort III miniに関する留意点

Anker PowerPort III miniは、Anker独自規格「PowerIQ 3.0」に合わせて作られたUSB PD充電器となるため、一般的なUSB PD充電器とは一部仕様が異なります。

この仕様違いにより、致命的な問題(デバイス破損など)が生じる可能性は低いですが、いざ何かしら問題が起きたときに検証すべき留意点として以下簡単に記載しておきます。

PowerIQ 3.0のロゴ

一般的なUSB PD充電器では、5V充電時に最大3A通電できるよう設計されていますが、Anker PowerPort III mini含むPowerIQ 3.0のUSB PD充電器では最大2.4Aを上限として設計されます。

  • 一般的なUSB PD充電器の仕様→5V/3A
  • Power IQ 3.0の仕様(Anker PowerPort III mini含む)→5V/2.4A

これにより5V充電したときの理論上の最大出力が15Wから12Wに抑えられるほか、より厳格に設計されたデバイスを充電する場合、「5V/3A出力できない充電器 = USB PD充電器ではない」と認識され、USB PD充電が行えない可能性があります。

昨今、スマホであっても9V充電が一般的ですので5V充電が使われるケースは稀です。ただ、運悪く5V充電デバイスに遭遇してしまい、なんらかの不具合があったときには同留意点について検証ください。

Anker PowerPort III miniの出力値(写真クリックで拡大)

Anker PowerPort III miniの実際の出力値、5V/3Aではなく5V/2.4Aに(写真クリックで拡大)

 

まとめ

Anker PowerPort III miniをレビューしました。

一部仕様違いがありますが、30W出力のUSB PD充電器として問題なく使えます。スマホやタブレットはもちろん、MacBook AirなどノートPCの充電器としても使えますので外出時など1台あると便利でしょう。

レビュー対象製品

関連記事

MacBookシリーズが充電できるAnker充電器(急速充電器)まとめ【2020年版】
USB Type-C端子を搭載した現行MacBookシリーズはUSB PD充電に対応しており、Apple純正充電器を使わずともUSB PD充電器による充電が可能...
タイトルとURLをコピーしました