Anker PowerPort Speed 1 PD 60(A2015)レビュー|MacBookも充電できるUSB PD充電器

広告

AnkerのUSB PD充電器「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」(A2015)をレビューします。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60は、最大60W出力できるUSB PD充電器です。MacBook Proも充電できる高出力充電器であり、Apple純正充電器の代用充電器としても利用できます。

以下、MacBook Proでの充電含めた同製品のレビューを行います。

レビュー対象製品

製品レビュー

Anker PowerPort Speed 1 PD 60は、人気ガジェットメーカー「Anker」が手掛けるUSB PD充電器です。2019年4月に発売開始されました。

見た目無骨なブラックモデルですが、無印良品のような落ち着いた質感を兼ね備えており、そこまで安っぽさは感じません。

公式通販やAmazon(AnkerDirect)では2,799円(税込)で販売しており、Anker恒例の18ヶ月保証も付きます。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60をAmazon(AnkerDirect)で確認する

 

【製品特徴1】MacBook Proが充電できる60W充電器

Anker PowerPort Speed 1 PD 60は最大60W出力できるUSB PD充電器です。

(写真クリックで拡大)

60WというとMacBook Pro 13に同梱されるApple 61W USB-C充電器(USB PD充電器)と同等出力です。

Apple 61W USB-C充電器は最大61W出力できるUSB PD充電器(写真クリックで拡大)

USB Type-C端子を搭載する現行MacBookシリーズは、Apple純正充電器、サードパーティ充電器かかわらずUSB PD充電器での充電が可能です。

そのため、Apple 61W USB-C充電器と同等出力のAnker PowerPort Speed 1 PD 60であれば、そのままMacBook Pro 13の代用充電器として利用できます。

 

【製品特徴2】持ち運びに最適なコンパクトサイズ

Anker PowerPort Speed 1 PD 60は、縦6cm、横6cm、厚さ3cmのコンパクト充電器です。

同等出力のApple純正充電器(Apple 61W USB-C充電器)と比べても一回り小さく、片手で握り込めるサイズ感を実現しています。

Apple純正充電器(右)とサイズ比較

手で持ったサイズ感

厚さはほぼ同じ。

本体重量は144g。Apple純正充電器が200g近いことを踏まえると非常に軽く感じます。

Apple純正充電器よりも軽くてコンパクトなため、外出用途のサブ充電器としてカバンに忍ばせておくにも丁度よいです。

 

【製品特徴3】60W充電器としては破格のコスパ

Anker PowerPort Speed 1 PD 60は直販2,799円(税込)。60W充電器としては業界最安値クラスの製品であり、非常に費用対効果に優れた充電器となります。

メジャーなUSB PD充電器の中で60W充電器というと以下のような製品があります。

  直販価格(Amazon価格)
Anker PowerPort Atom III 60W 3,490円
AUKEY USB-C急速充電器 60W 3,599円
RAVPower 61W USB-C 急速充電器 4.599円
ENERGEAR AC65W PD2.0 4,980円
Apple 61W USB-C電源アダプタ 7,168円

筆者が調べた限り、よくわからん中華製品を除けば、2,000円台の60W充電器は存在しませんでした。

ここまで安いと不良品かと疑われるレベルですが、充電器の出力設計なども正常であり、特に問題らしい問題は見当たりませんでした。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60の出力値、いたって正常(写真クリックで拡大)

Anker PowerPort Speed 1 PD 60はGaN(窒化ガリウム)など新素材を使った充電器でなく、見た目も無骨でデザイン要素がほとんどありません。おそらくですが、こういった部分でコストカットを実現しているのでは?と思います。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60をAmazon(AnkerDirect)で確認する

 

MacBook Proを充電してみる

Anker PowerPort Speed 1 PD 60でMacBook Pro 13を充電します。

充電ケーブルは同じくAnkerから発売される「Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル」を使います。

【USB PD対応】エレコム USB-Cケーブル(USB3-CC5P10NBK)レビュー
USB PD対応ケーブル「エレコム USB-Cケーブル」(USB3-CC5P10NBK)をレビューします。 同ケーブルは最大5A(100W)までの...

 

充電結果

約51W(19.0V ==2.77A)で充電できました。

システム画面で確認しても60W充電器として認識されています。途中で充電が途切れたりすることもなく、フル充電できることも確認しました。

MacBook Pro 13同梱のApple純正充電器(Apple 61W USB-C充電器)でも充電してみましたが、こちらもほぼ同出力の約50W(19.8V==2.52A)での充電でした。

以上からAnker PowerPort Speed 1 PD 60でもApple純正充電器(61W)と同等出力で充電できることが確認できました。

 

スマホやタブレットも充電してみる

Anker PowerPort Speed 1 PD 60は、USB PD充電器のため、USB PD充電に対応しているスマホやタブレットも充電できます。

もっぱらスマホは最大18Wで、タブレットは最大30Wを上限に充電されます。

以下はスマホ(Nokia 9 PureView)を充電した様子。約16W(8.85V==1.86A)で充電できました。

次にタブレット。iPad Pro 10.5を充電したところ、約26W(14.4V==1.83A)で充電できました。充電ケーブルはAnker Powerline Ⅱ USB-C & ライトニング ケーブルを使いました。

USB PD充電器の最大出力は大は小を兼ねるため、60W充電器であれば、充電先デバイスに合わせて18Wにも30Wにも出力を調整できます。これもAnker PowerPort Speed 1 PD 60ならでは、60W充電器ならではの強みでしょう。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60をAmazon(AnkerDirect)で確認する

 

まとめ

Anker PowerPort Speed 1 PD 60をレビューしました。

最大60W出力できるUSB PD充電器のため、MacBook Proユーザー、特にMacBook Pro 13ユーザーにどんぴしゃりな1品です。Apple純正充電器の代用充電器として問題なく使えるのでMacユーザーの方は購入してみては。

レビュー対象製品

関連記事

MacBookシリーズが充電できるAnker充電器(急速充電器)まとめ【2020年版】
USB Type-C端子を搭載した現行MacBookシリーズはUSB PD充電に対応しており、Apple純正充電器を使わずともUSB PD充電器による充電が可能...

同等出力の他社充電器レビュー

【USB PD充電器】ENERGEAR AC65Wレビュー|業界正規仕様の高出力充電器
USB PD充電器「ENERGEAR AC65W」(エネギア AC65W)をレビューします。 同充電器は最大65W出力できるUSB PD充電器です...
RAVPower 61W USB-C急速充電器(RP-PC112)レビュー|MacBook Proで使えるUSB PD充電器
RAVPower 61W USB-C急速充電器(RP-PC112)を購入したのでレビューします。 RAVPower 61W USB-C急速充電器は...
タイトルとURLをコピーしました