【USB PD充電器】Anker PowerPort Speed 1 PD 60(A2015)実機レビュー

AnkerのUSB PD充電器「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」(型番A2015)をレビューします。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60

同充電器は最大60WのUSB PD充電に対応しており、MacBook Proはじめとした高出力ノートPCが充電できます。以下、こうしたノートPCでの充電を主とした充電レビューを行い、どれくらい充電できるものなのか調べました。

レビュー対象製品

Anker PowerPort Speed 1 PD 60
Anker PowerPort Speed 1 PD60の急速充電器ならAnker(アンカー)公式オンラインストア。iPhone・AndroidやiPad等のスマホ・タブレットにおすすめの急速充電器です。

外観レビュー

(写真クリックで拡大)

本体サイズは縦6cm、横6cm、厚さ3cm。本体重量は144g。プラグは折りたためます。同等出力を持つApple純正充電器(61W)よりも一回り小さく、外出用途に適したサイズ感です。

Apple純正充電器(61W)とのサイズ比較(白い方がApple純正充電器、写真クリックで拡大)

筐体はマット素材。ツヤてかしておらず、触っても指紋が付きません。シンプルすぎて無骨、地味といった評価もありそうですが、無印良品などが好きな人であれば許容範囲かと思います。

 

充電レビュー

Anker PowerPort Speed 1 PD 60は、USBベースの急速充電規格であるUSB PD(USB Power Delivery)に対応しており、15W〜60Wでの高出力充電が可能です。

充電先デバイスの許容電圧に合わせて出力が調整され、もっぱらスマホには18Wで、iPad ProやMacBook Airなどには30Wで、MacBook ProやWindowsノートPCには60Wで充電します(全て理論値)。そのため、同充電器一つあれば、スマホからノートPCまであらゆるUSB PD充電に対応できます。

 

MacBook Pro 13を充電してみる

MacBook Pro 13(2016)を充電します。2016年以降のMacBook ProはUSB PD充電を採用しており、Apple純正充電器でなくともUSB PD充電器であれば充電できます。

まずはじめに、60W充電器の出力目安を確認するため、Apple純正充電器(61W)と純正ケーブルを使って充電します。これはどちらもMacBook Pro 13(2016)に同梱される標準仕様のものです。

測定したところ、約50W(19.8V==2.52A)で充電されました。理論値最大61Wの充電器ですので、妥当な出力ラインとなります。

次にAnker PowerPort Speed 1 PD 60で充電します。充電ケーブルはAnker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブルを使います。

測定したところ、約51W(19.0V ==2.77A)で充電できました。

システム画面で確認しても60W充電器として認識されています。途中で充電が途切れたりすることもなく、フル充電できることも確認しました。

なお、充電ケーブルによる出力差異をなくすため、先に使ったApple純正ケーブルに挿し変えて充電してみましたが、こちらも誤差の範囲内でした。

約49W(18.9V==2.58A)

以上からAnker PowerPort Speed 1 PD 60でもApple純正充電器(61W)同等の出力で充電できることが確認できました。

 

スマホやタブレットも充電してみる

Anker PowerPort Speed 1 PD 60を使ってスマホとタブレットを充電します。

スマホ充電(Nokia 9 PureView)

Nokia 9 PureViewはUSB PD充電に対応します。USB PD充電器を使うことで最大18Wを限度として、おおよそ10W〜の急速充電が可能です。

測定してみたところ、約16W(8.85V==1.86A)で充電できました。

 

タブレット充電(iPad Pro 10.5)

iPhoneやiPad ProはUSB PDによる急速充電、Appleいわくの高速充電に対応します。iPhoneで最大18W、iPad Proで最大30Wの充電が可能です。

実際にiPad Pro 10.5を充電したところ、約26W(14.4V==1.83A)で充電できました。充電ケーブルはAnker Powerline Ⅱ USB-C & ライトニング ケーブルを使っています。

iPad Pro 10.5に同梱されるApple純正充電器だと最大12Wしか出力できないため、26Wは非常に高出力な充電です。

 

まとめ

MacBook Proはじめとして、スマホやタブレットなど一通りのデバイスで充電できることを確認しました。最大60W出力のUSB PD充電器ということもあり、特にノートPCを充電したい人には打って付けの製品でしょう。かくいう筆者もMacBook Pro 13の外出用充電器として現在進行形で愛用してます。

以上、Anker PowerPort Speed 1 PD 60のレビューでした。

レビュー対象製品

 

MacBookユーザーにおすすめ


Anker充電器からMacBookが充電できるモデルだけをPickUpして紹介します。     

記事を読む>> MacBookシリーズが充電できるAnker充電器まとめ

タイトルとURLをコピーしました