【USB PD対応】Anker PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル レビュー|iPhone・iPadで使えるUSB PD充電ケーブル

広告

Anker社より発売される「Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル」をレビューします。

同ケーブルはApple社の正規認証(MFi認証)を取得しており、iPhoneやiPad ProなどiOSデバイスで使えばUSB PD充電が可能です。むしろ、それが主たる使い道となるケーブルです。

以下、実際の使い勝手がどんなものか試します。

レビュー対象製品

製品レビュー

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブルは、USB Type-C端子とライトニング端子が繋がった充電ケーブルです。カラーは黒と白の2色展開。

Apple純正ケーブルではありませんが、純正相当スペックを担保するMFi認証(Apple認証)を取得しており、Apple純正ケーブルに限られていたiOSデバイスへのUSB PD充電が可能です。

もっぱらこれを目的に購入する人が大半であり、単に充電したいだけであれば100均のライトニングケーブルで十分です。

ケーブルは少し固め。端子部分はしっかり接合されており、普通に使う限りでは折れたり剥がれたりすることはなさそうです。

では実際に使っていきます。

 

充電レビュー

以下の製品を使って充電します。

充電デバイス iPad Pro 10.5
USB PD充電器 Anker PowerPort Speed 1 PD 60(A2015)
充電ケーブル Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル(本日の主役)

使用するUSB PD充電器「Anker PowerPort Speed 1 PD 60(A2015)」は、最大60W出力できます。MFi認証を取得したAnker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブルと組み合わせることで、ライトニング端子を通じたUSB PD充電が行えます。

 

まずは通常充電

まずはMFi認証を取得していない通常の充電ケーブルで試します。ライトニングケーブルとUSB Type-C端子を繋ぐケーブルは100均でも販売されているため、これを使います。

100均に売ってたライトニング&USB Type-Cケーブル(MFi認証なし)

測定したところ約11W(5.04V==2.32A)での充電でした。

充電器はUSB PD充電器(Anker PowerPort Speed 1 PD 60)を使っていますが、MFi認証を取得していないケーブルを通しているため、一般的な充電速度に制限されました。

 

次に急速充電

今度は充電器そのままでMFi認証を取得したAnker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブルに差し替えて充電します。

こちらは約25W(14.4V==1.77A)で充電できました。

通常充電の限度である18Wを超えたほか、USB PD充電ならではの15Vに合わせた高出力の充電が確認できました。

参考までに最大出力30Wの別のUSB PD充電器(Anker PowerPort III mini)でも計測してみましたが、こちらも約25W(14.6V==1.74A)とほぼ同等出力での充電でした。

USB PD充電は充電先デバイスによって最大出力値が制限されます(安全面を兼ね)。iOSデバイスではiPhoneで18W、iPad Proで30Wが上限となるため、同検証でのiPad Pro充電も概ね30W充電となりました。

 

まとめ

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブルをレビューしました。

iPhoneやiPad ProでUSB PD充電を行う場合に必要となる充電ケーブルです。USB PD充電器と合わせることで問題なく使えました。

なお、単に充電したいだけであれば100均の充電ケーブルで十分であり、わざわざ1,500円近くする同ケーブルを購入する必要はありませんので、その点は事前に確認を。

レビュー対象商品

タイトルとURLをコピーしました