【USB PD対応】Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル レビュー

広告

Ankerより発売されるUSB PD対応ケーブル「Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル」をレビューします。

レビュー対象製品

外観写真

(写真クリックで拡大)

製品レビュー

Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブルは、ケーブル両端がUSB Type-Cで統一された、USB PD充電(急速充電)で使える充電ケーブルとなります。

USBケーブルチェッカー(LimePulse)で公表通りのUSB 2.0ケーブルとして確認が取れました。

(写真クリックで拡大)

電流上限3A(60W)のケーブルなので特に意識する必要はありませんが、eMarkerは内蔵しません。

ケーブル素材はAnkerならではの2重巻ナイロンです。針金のような硬くてぐにゃぐにゃした触り心地で、1000円以下の安物ケーブルと比べて非常にしっかりした作りと感じます。

ケーブル長は90cmと180cmの2パターンあり。

USB 3.1のケーブルだとケーブル長が最大100cmと規定されていますが、Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブルはUSB 2.0のケーブルため、180cm版も提供されます。

 

充電レビュー

Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブルは、USB PD充電に使える充電ケーブルです。

最大3Aまでの電流が流せるケーブルであり、60W充電まで対応します。以下、充電を試していきます。

充電器は同じくAnker社から発売される「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」を使います。同充電器は5V、9V、15V、20Vの4つの出力値に調整出力できるため、実際にUSB PD充電が行われていれば、このいずれかの出力に合わせた数値が出るはずです。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60(A2015)レビュー|MacBookも充電できるUSB PD充電器
AnkerのUSB PD充電器「Anker PowerPort Speed 1 PD 60」(A2015)をレビューします。 Anker Powe...

 

スマホ(Nokia 9 PureView)を充電してみる

Nokia 9 PureViewはUSB PD充電に対応するスマホです。USB PD充電が行われれば、おおよそ10W〜18Wでの急速充電が可能です。

測定したところ、約17W(8.82V==1.92A)で充電されました。USB PD充電の9Vに合わせた出力調整、および急速充電と判断できます。

 

ノートPC(MacBook Pro 13)を充電してみる

現行MacBook ProはUSB PD充電に対応しており、Apple純正充電器に限らず、USB PD充電器であれば充電できます。

MacBook Pro 13に関しては60Wを限度として、おおよそ40W〜50Wで充電されます。

測定したところ、約48W(18.9V==2.58A)での充電となりました。20Vに合わせたUSB PD充電と判断できます。

システム画面でも60W充電器として認識されていた

ちなみに、同ケーブルは最大60W(最大3A)までしか電流を流せませんので、60W以上の充電出力が必要なデバイスでは仮に100W出力できるUSB PD充電器を使っても最大60Wに抑えられます。

現状で60W以上が必要なデバイスはMacBook Pro 15、16くらいですので、そこまで意識する必要はないかと思いますが、頭の片隅にでも。

 

まとめ

Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブルをレビューしました。

1,000円前後のUSB PD対応ケーブルには、怪しめな製品がチラホラありますが、Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブルに関しては問題は見当たらず、実際に充電も可能でした。Ankerの18ヶ月保証もあるため、総じてコスパの良いUSB PD充電ケーブルと言えるのではないでしょうか。

レビュー対象商品

タイトルとURLをコピーしました