AppleWatch Series 3レビュー|2万円で購入できる王道スマートウォッチ

広告

Appleのスマートウォッチ「AppleWatch」。その第3世代モデルでAppleStoreで19,800円から発売される「AppleWatch Series 3」について以下レビューしていきます。

レビュー対象製品

AppleWatch Series 3の概要

AppleWatch Series 3は2017年に発売開始されたAppleWatch第3世代モデルです。

2020年現在もAppleStoreでの取り扱いが続いており、GPSモデルが19,800円、セルラーモデル(キャリアモデル)が29,800円で販売されます。

最新モデル「AppleWatch Series 5」に対する廉価版モデルに位置づけられますが、所詮AppleWatch、スマートウォッチです。スマホやPCほどのスペック差はありません。物理的な機能差、違いは以下3つくらいです。

AppleWatch Series 5で搭載された新機能(=AppleWatch Series 3で使えない機能)

  • ディスプレイの常時点灯
  • 電子コンパス(マップ利用時の方角調整が可能に)
  • 転倒検出機能(Series 4から継続、転倒後1分反応がないと自動でSOS通知)

転倒検出機能は高齢者向け機能として一定のニーズがありますが、そのほか特にメジャーアップデートされておらず、OSも同じwatchOS 6を採用します。

2020年秋にはwatchOS 7がリリース予定ですが、AppleWatch Series 3に関してもアップデート対象機種に含まれており、まだまだ現役です。

AppleWatchならではの決済やヘルスケアといった基本機能はAppleWatch Series 3でも問題なく使えるため、あくまでAppleWatchの括りでみれば必要十分かつ実用充分なスペックと言えます。

AppleWatch Series 3をAmazonで確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

AppleWatch Series 3フォトレビュー

外観デザイン

従来から続くスクエア型デザインです。

スクエア型とはいえ角に丸みがあるので、そこまで存在主張は強くありません。手で持ったときのミニマル感などAppleらしい電子デバイス、ミニマルデバイスとの印象を持ちました。

AppleWatch Series 3は38mmと42mm版の2種類が展開されます。筆者が購入したのは38mm版です。

38mmと言うとメンズ腕時計では小さめサイズに該当しますが、スマートウォッチならではの存在感、アピールの強さが嫌いな方であれば38mmを購入した方が収まりがいいです。

40mmの腕時計とサイズ比較

ベルトは黒のスポーツバンド(初期仕様)。

バンドはシリコンではなく、シリコンに似た「フルオロエラストマー」素材が使われます。シリコンよりも耐久性に優れ、肌に触れたときの感触などソフトな印象です。シリコンのようなペラペラ感はなく、革ベルトのような厚みや芯があるため、安っぽさは感じません。

ベルトアタッチメントはいかにもAppleな独自規格に

ベルト(バンド)はAppleWatch独自規格となっており、市販品は使えません。ベルトを交換する際はAppleWatch専用の交換ベルトを用意する必要があります。

 

AppleWatchの三大機能をチェック(決済、ヘルスケア、通知)

1. 決済

やはりAppleWatchと言えばApplePayでしょう。AppleWatchでSuica、iD/QUICPayが使えます。

加えてPayPayのバーコード表示&決済にも対応します(カメラスキャン決済には非対応)。

※写真一部加工

Pontaやdポイントカードにも対応。タッチのみでバーコード表示はできません。ローソンであればApplePay決済と同時にポイントカード処理(タッチ処理)できます。

AppleWatch Series 3は、現状AppleWatch向けに提供されるすべての決済アプリに対応しており、決済用途では最新モデルと比べても遜色ありません。

AppleWatchに対応している決済サービス(電子マネー)まとめ
Appleのスマートウォッチ「AppleWatch」。Suicaが使える数少なくスマートウォッチの一つとあり、おサイフケータイ用途に購入する人も多いです。 ...

 

2. ヘルスケア(健康管理)

こちらもAppleWatchの代名詞。心拍センサーと歩数計(加速度計)を備えており、ワークアウトや走行距離、カロリー記録などひととおりのデータ計測が可能です。普段から運動している人であれば、ほぼほぼスポーツウォッチとして代用できます。

ワークアウトアプリ

心拍センサー。

サードパーティアプリを使えば心拍センサーを活用した睡眠トラッキングも可能です。とはいえ、AppleWatchを腕に巻いたまま睡眠するのはちと難しいですが。

睡眠トラッキングアプリとして人気高い「AutoSleep」。

 

3. 通知

メールやLINEや着信通知などAppleWatch上に通知できます。定型文の返信も可能です。

これ以外にもAppleWatch Series 3はスタンドリマインダー機能に対応しているため、一定時間座ったままだと注意を促す通知が来ます(OFFにもできます)。

AppleWatchと言えどスマートウォッチなので、そこまでがっつり操作するということはありませんが、簡単な通知を確認する程度の使い方であれば十分に役に立ちます。

 

そのほかAppleWatch Series 3の細かなところ

通話

AppleWatch Series 3にはマイクとスピーカーが付いているため、AppleWatch上から電話がかけられます。ペアリングしている親機iPhoneを経由して発着信されますが、セルラー版であればAppleWatch単体でも発着信できます。

写真右側にある穴2つがマイク、左側にあるラインがスピーカー

いざ使ってみると思いのほか音質よく、マイクも音を拾ってます。使うおうと思えば使えるクオリティを維持しているのはさすがAppleです。

ただ、iPhoneとペアリングされてる、iPhoneが使える状況下であえてAppleWatchで通話するシチュエーションは少ない(というかほとんどない)ので使い道に困るというのが正直なところです。夢はありますが…

 

ミュージックプレーヤー機能

AppleWatch Series 3は内部ストレージに曲データを保存できます。あらかじめ曲データを保存しておけばiPhoneとペアリングしていない状態でもAppleWatch単体で音楽再生できるため、iPhoneを持ち歩かないシチュエーションでミュージックプレーヤーとして活用できます。

なお、音楽再生はAppleWatchとBluetoothペアリングしたイヤホンからのみ出力できます。AppleWatch Series 3の本体スピーカーを通じた音楽再生はできません。

 

バッテリー持ち

AppleWatch Series 3は公称18時間のバッテリー持ちとあり、時刻確認&ApplePayくらいの使用頻度であれば1日〜2日は充電せずに問題ありません。

省電力モードも搭載されているため、いざとなればバッテリー時間は引き伸ばせます。ただ、省電力モードや電源OFFの状態だとSuicaなど決済機能が使えません。

充電は専用充電ケーブルが必要です。タッチ充電ですがQi充電とは別物のようで、一般的なQi充電器では充電できません。純正ケーブルで直販3,500円とさすがのAppleプライスです。

AppleWatch純正ケーブル

 

まとめ|AppleWatch Series 3は購入すべき?

AppleWatch Series 3は価格2万円ながらAppleWatchとしての機能、スマートウォッチとしての機能がすべて揃った王道モデルとなるため、AppleWatch、スマートウォッチ入門には最適な1品です。

AppleWatchはiPhoneとしかペアリングできないのが欠点ですが、それゆえ、ApplePayはじめとしたiPhoneアプリとの連携力の強さは他に代えがたいものです。iPhoneユーザーであれば購入を積極的に検討してみてはいかがでしょうか。

レビュー対象製品

関連記事

スマートウォッチ選び方ガイド(2020)|最新トレンドに合わせたおすすめモデルを厳選紹介
AppleWatchはじめ馴染み深い存在になってきたスマートウォッチ。おサイフケータイが使えるもの、スポーツウォッチとして使えるもの、睡眠トラッカーとして使える...
タイトルとURLをコピーしました