【USB PD対応】エレコム USB-Cケーブル(USB3-CC5P10NBK)レビュー

広告

USB PD充電で使える「エレコム USB-Cケーブル」(USB3-CC5P10NBK)を購入したのでレビューしたい。

これはUSB PD充電で使える、ほぼフルスペックのUSB PD充電ケーブルだ。一般的なUSB PD充電ケーブルだと最大3A通電、最大60W充電までしか対応できないが、同ケーブルは最大5A通電、最大100W充電に対応している。なので、USB PD充電において、とりあえずこれ1本あれば困ることはない。

以下レビューしていくが、ぶっちゃけレビューを読む必要がない、それくらいフルスペックのUSB PD充電ケーブルとなるので、充電ケーブルの細かなスペック事情など面倒くさい、よく分からないと考えている人であれば、レビューを読まずにそのまま購入してしまっても問題ないと思う。

▼ エレコムUSB-Cケーブル

エレコム USB-Cケーブル レビュー

エレコム USB-Cケーブル はUSB PD充電で使える充電ケーブルだ。最大5A通電に対応したUSB PDのフルスペック規格に準拠しており、MacBook Pro 16などでの100W近いUSB PD充電でも使える。

一般的な充電ケーブルだと最大3A通電なので、USB PD充電でも60Wまでしか出力を上げられない。そのため、60W以上のUSB PD充電が必要という人であれば、まさにうってつけの充電ケーブルだ。

5A通電ケーブルにはeMarker(イーマーカー)と呼ばれる電流電圧を把握する保護機能(ICチップ)の搭載が義務化されている。エレコム USB-Cケーブル をUSBケーブルチェッカーで測定したところ、eMarkerを搭載した規格適合品と確認できた。規格適合品なので安心して使える。

写真クリックで拡大

 

データ転送ケーブルとしても最高級スペック

エレコム USB-Cケーブル はデータ転送ケーブルとしても利用できる。USBケーブルを使ったデータ転送規格の現状最高スペックである「USB 3.1 Gen2」に対応しており、写真転送や音楽転送はもちろん、外部ディスプレイへの映像出力なども可能だ。

 

ケーブルの素材や耐久性について

エレコム USB-Cケーブル はよくあるビニール素材のケーブルだが、気持ち太めに作られているため、耐久性はしっかりしている。普通に使っている限りは皮膜が破れたりしないと思う。

なお、コネクタの曲がらない部分が約4cmあり、一般的な充電ケーブルよりも長い。使う場所によっては出っ張って邪魔になるかも知れない。

写真上がエレコム USB-Cケーブル

 

ケーブルの長さについての補足

USB 3.1〜の充電ケーブルは、規格としてケーブル長が最大100cmと規定されている。そのため、エレコム USB-Cケーブル に関してもケーブル長が50cmと100cmの2種類しか用意されていない。仮に自宅使用などで100cm以上のケーブルが欲しい場合、USB 2.0のケーブルを選ぶ必要がある。

 

この記事のまとめ

エレコム USB-Cケーブル は充電ケーブルとしてはもちろん、データ転送や映像出力ケーブルとしても現状最強スペックと言える1品だ。なおかつ、1,400円前後で購入できるコスパの良さもある。

もっぱらUSB PD充電で使える充電ケーブルを探していて、「なんか細かなスペックがよくわからない」という人であれば、エレコム USB-Cケーブル を1本買っておけばオールOKだ。スマホだろうがノートPCだろうが問題なく充電できるので、ほか困ることはないだろう。

▼ エレコムUSB-Cケーブル

タイトルとURLをコピーしました