【USB PD対応】エレコム USB-Cケーブル(USB3-CC5P10NBK)レビュー

USB PD対応ケーブル「エレコム USB-Cケーブル」(USB3-CC5P10NBK)をレビューします。

同ケーブルは最大5Aまでの電流が流せる、USB PD充電用途で使える充電ケーブルとなります。また、USB最新規格である「USB 3.1 Gen2」にも対応するため、データ転送ケーブルとしてもパフォーマンスを発揮します。以下詳しく見ていきます。

レビュー対象製品

モデル型番 USB3-CC5P10NBK

外観写真

(写真クリックで拡大)

 

製品レビュー

エレコム USB-Cケーブルを一言で紹介すると、2019年現在のUSB Type-Cケーブル規格の最高スペックを詰め込んだフルスペックケーブルと言えます。その主たる強みとして以下3点が挙げられます。

  1. USB PD充電フル対応(5Aケーブル)
  2. USB 3.1 Gen2対応
  3. USB IF正規認証品

 

1. USB PD充電フル対応(5Aケーブル)

急速充電規格「USB PD」(USB Power Delivery)に対応します。なおかつ、5Aまでの電流を流せるケーブルのため、USB PDの理論値最大100Wの充電にも耐えられます。これ1本あれば、とりあえずUSB PD充電で困ることはないでしょう。

ケーブルに「Power Delivery 5A」との印字あり(かなり見えづらいですが…)

その高出力ゆえ、5AケーブルにはeMarker(イーマーカー)と呼ばれる電流電圧を把握するICチップの搭載が求められます。エレコム USB-CケーブルをUSBケーブルチェッカーで測定したところ、eMarkerを搭載した規格適合品と確認できました。

 

2. USB 3.1 Gen2対応

USBケーブルを使ったデータ転送規格の現状最高スペックである「USB 3.1 Gen2」に対応します。

USB 3.1 Gen2とはUSB 2.0の上位規格で、最大10Gbps(理論値)でのデータ転送が可能です。写真転送くらいではあまりメリットを感じませんが、動画などの大容量ファイルのやりとりを行うシチュエーションでは、そのありがたみが実感できるかと思います。

また、USB 3.1以降のケーブルにはオルタネートモードと呼ばれる、USB以外の信号出力を中継する機能があります。外部ディスプレイへの映像出力は通常ならHDMIケーブルなど必要ですが、USB Type-C機器同士の接続であれば、同ケーブル1本で代用できます。デュアルモニターなど使う場合には非常に便利です。

 

3 USB IF正規認証品

エレコム USB-Cケーブルは、USBの国際業界団体である「USB IF」が規定する正規認証品です。正規認証品は全てUSB IFの認証テストを通過しているため、自社内だけでテストした下手な野良ケーブルよりも安全です。

 

主な欠点

人による箇所が大半ですが、だいたい以下3点が欠点、留意点として挙げられます。

1. オーバースペック気味

充電ケーブルとして考えたときに明らかにオーバースペックです。基本的にUSB PD用途でも3Aケーブルで十分であり、5AケーブルはMacBook Pro 15など60W以上の充電出力が必要な場合に使います。60W以下の充電で事済むなら5Aケーブルを使うメリットはありません。

また、データ転送やオルタネートモード(映像出力)なども使う予定がなければ特にUSB 3.1 Gen2である必要性が薄く、総じてオーバースペックと言えましょう。

 

2. ケーブルの長さが短い

エレコム USB-Cケーブルはケーブル長が50cmと100cmの2種類しかありません。自宅使用などで100cm以上のケーブルが欲しい人だと物足りない長さかも知れません。

これはUSB 3.1〜のケーブルだと規格としてケーブル長が最大100cmと規定されているためです。もっと長いケーブルが欲しい場合はUSB 2.0のケーブルを選ぶ必要があります。

 

3. コネクタ部分が妙に長い

コネクタ部分(直線部分)だけで約4cmあります。折り曲がるわけではないので、使う場所によっては出っ張って邪魔になるかも知れません。

Apple純正ケーブル(Type-C)との比較

 

まとめ

充電ケーブルとしてはもちろん、データ転送や映像出力ケーブルとしても現状最強スペックと言える1品です。なおかつ、USB IF正規認証品であり、お値段1,400円。さすがは安定のエレコム、文句の付けようがありません。

ただ、使用ケースによってはオーバースペック気味ですし、USB PD充電用途の3Aケーブルであれば1,000円前後で買えますので、そこらへんの兼ね合い含めた上で購入を検討されてはいかがでしょうか。

レビュー対象製品

 
タイトルとURLをコピーしました