Galaxy A30(2019)スペックレビュー、超広角カメラ&荒野行動を試してみた

広告

Galaxyのミドルレンジモデル「Galaxy A30」をレビューします。

Galaxy A30は、Galaxyスマホとして国内投入された初のSIMフリースマホです。

スペック的にはミドルレンジで3万円台で購入できる格安スマホに位置付けられます。

それゆえ、興味一方、そのスペックに不安を持つ人も多いかと思います。こうした不安を検証すべく、以下Galaxy A30の実機を使ってカメラテストと荒野行動を使った負荷テストを行いました。

レビュー対象製品

本体写真

(写真クリックで拡大)※Try UQmobileのレンタル端末のため背面下部にシールが貼ってあります

上面部に3.5mmイヤフォンジャックあり

底面部にUSB Type-C端子あり

本体サイドライン

カメラと指紋認証センサー

 

スペック概要

Galaxy A30のスペック・機能は以下のような感じです。

  • 6.4インチの有機ELディスプレイ搭載
  • メモリ4GB & 8コアCPUによるミドルレンジ
  • 超広角レンズ搭載
  • おサイフケータイ対応
  • 防水/防塵
  • USB PD(急速充電)対応
  • 上記揃って3万円で購入できるコスパ

注目すべきは超広角レンズ。3万円台のスマホながら上位機種Galaxy S10と同じ123度の超広角レンズを搭載しており、サムスンの頑張りが見て取れます。

Galaxy A30のスペックシート
初期OS Android 9.0
 
画面サイズ 6.4インチ(1080×2340)※有機EL
本体サイズ 縦16.0cm、横7.5cm、厚さ0.8cm
本体重量 176g
 
メモリ 4GB
ストレージ 64GB(+microSD)
CPU Samsung Exynos7904(8コア、1.8+1.6GHz)
カメラ 外側1300万+500万画素、内側800万画素
 
充電端子 USB Type-C(USB PD対応)
ワイヤレス充電(Qi) ×
イヤホンジャック
指紋センサー
そのほか felica搭載、防水/防塵
 
関連リンク 公式サイト

 

レビュー&テスト

以下カメラテストと負荷テストを行います。

カメラテスト

Galaxy A30は標準レンズと超広角レンズによる2眼カメラ仕様です。

特に超広角レンズは人間の視野と同じ123度まで描写域を広げられます。今年に入ってGalaxy S10はじめとしたハイエンドスマホで採用され始めましたが、Galaxy A30も格安モデルながら搭載します。

以下はGalaxy A30で東京駅を撮影したものです。標準撮影と広角撮影ではこれだけ違います(※どちらもオート撮影、F値などはいじってません)。

(標準撮影)

(広角撮影)

格安モデルながらも広角撮影ならではの歪みも目立たず、非常に満足のいく写真が撮れました。こうした横に長い建造物だったり風景写真を撮影する際には広角撮影の味が際立ちます。

あえて歪みを強調するとこういった感じになります(これはこれで画になります)。

(広角撮影で周りをぐるりと撮影)

なお、超広角レンズ自体は500万画素しかありませんので、広角撮影した写真を拡大すると少しばかりぼやけた感じになります。

標準レンズはよくある1300万画素レンズですので、可もなく不可もなくといったところです。

 

夜間撮影(夜景撮影)

昨今のスマホカメラの試金石とも言える夜間撮影を試します。

Galaxy A30含め、Galaxyスマホのカメラアプリには「シーンに合わせて最適化」機能が搭載されており、夜景シチュエーションでは自動で彩度や露出が調整されます。同機能を使って夜景撮影してみました。

(シーンに合わせて最適化OFF)※通常撮影

(シーンに合わせて最適化ON)※夜景撮影モード

通常撮影だとISOが250で設定されていましたが、夜景撮影モードだとISO320になっており、自動的に夜景撮影に合わせた設定に調整されました。おかげで多少なりに明るい部分の白飛びが抑えられたほか、写真が暗くなりすぎないちょうどいい写真が撮れました。

とはいえ、あまりに明るい場所だと白飛びを抑えるのはきついですね。ここらは格安スマホならではのスペックと言うべきでしょうか。

 

負荷テスト

Galaxy A30はスペック自体はミドルレンジであり、表面的なスペック値では不安に思う人も多いかと思います。

以下では実際に荒野行動をプレイして、どれだけ負荷がかかっているのか、また、どれだけ耐えられるのかを調べました。

▼AnTuTu(ベンチマークスコア)

先にAnTuTuで測定してみましたが、至って平均的な数値です。中の中といったところでしょうか。気持ちGPU(グラフィック処理能力)が低いかなとも思いますが、もとよりミドルレンジモデルのため平均値を超えてれば御の字です。

 

▼荒野行動をやってみた

実際にCPU、GPUに負荷をかけるため、荒野行動をプレイします。フレームレートを標準仕様である30fpsと比較的高い処理能力が求められる60fpsにして試します。

まずフレームレート30fps、ほぼほぼ標準仕様でゲームをプレイしたところ、ゲーム自体は問題なくできました。ところどころグラフィック処理が遅いかな…?と思うところはありましたが、まだ許容範囲です(おそらく処理能力よりかはフレームレートの問題かと)。

(写真クリックで拡大)※写真アップロードの都合上、画質は落ちてます

30fpsでプレイした様子(1)

30fpsでプレイした様子(2)

次にフレームレート60fpsですが、プレイできないわけではありませんが、処理能力足らずのカクツキが見受けられます。また、数プレイするとスマホが熱を持ちます。これによりアプリが落ちるようなことはなく、スペックの割にギリ頑張っているなといった感想を持ちました。

(写真クリックで拡大)※写真アップロードの都合上、画質は落ちてます

60fpsでプレイした様子(1)

60fpsでプレイした様子(2)

フレームレート30fpsでも60fpsでもプレイ自体は可能でした。そこまでスペックに対してネガティブな印象は持たず、ソシャゲを軽くやる程度の人であれば十分なスペックかと思います。

なお、今回の検証に使ったGalaxy A30は、数アプリをインストールしただけのほぼほぼメモリがクリーンな状態です。アプリをたくさん入れてメモリを消費した状態で荒野行動をやれば、同検証よりも厳しい結果になるかと思います。

 

まとめ

Galaxy A30でカメラテスト、負荷テストを行いましたが、格安スマホの観点から言えば間違いなく合格点です。

一見して格安スマホとは思えない安定感もありますし、特にハイエンドスマホに通づる超広角カメラは大いに評価します。荒野行動など負荷に負荷がかかる用途では少しばかり厳しさを感じるかも知れませんが、通常のソシャゲ程度なら問題ないと思います。

なお、UQmobileの無料お試しサービスを使えば、SIMカードと一緒にGalaxy A30のお試しができます(2019年11月時点)。Galaxy A30を検討されている方であれば、一度こちらで試してみてはいかがでしょうか。

スマホもSIMも!乗り換え前に試して安心Try UQ mobile♪
「UQ mobileって使えるの?」と言う不安を減らして、安心して乗り換えられます!

レビュー対象製品

関連記事

Galaxy S10は購入すべき?最新モデル(Galaxy S20)とスペックを比較検証
Galaxy史上最高クラスの完成度を誇ったGalaxy S10(2019)。 2020年現在、Galaxy S20の登場ですでに旧式モデルとなり、...
Galaxy Note10+(国内版、2019)レビュー|使い勝手やサイズ感を実機で解説
ドコモ/auより発売開始されたGalaxy Note10+(国内版、SC-01M、SCV45)をレビューします。 先日、Galaxy Haraju...
タイトルとURLをコピーしました