Suica対応スマートウォッチ「GARMIN vivomove 3s」レビュー

広告

AppleWatch以外では唯一Suicaが使えるスマートウォッチこと「GARMIN」(ガーミン)。その最新モデルであるvivomove 3sを購入したので以下レビューします。

レビュー対象製品

Vivomove 3s概略

vivomove 3sは2019年10月に発売開始となったGARMIN新作モデルです。vivomove 3の小型版であり、vivomove 3のケースサイズ(ケース径)が44mmなのに対してvivomove 3sは39mmとなります。

アナログ針とデジタルディスプレイを組み合わせたハイブリッド・スマートウォッチであり、スマートウォッチとして公称4日、アナログ時計だけなら公称7日のバッテリー駆動が可能です(※時計の針も内蔵バッテリーで動きます)。

文字盤の下半分にディスプレイ&タッチパネルが搭載されており、通知表示や簡易な操作ができます。

タッチディスプレイ使用時は時計の針が9時15分の位置に移動します。

GARMINシリーズの代名詞とも言えるSuicaにも対応。専用アプリはiOS、Android双方に配信されているため、iPhoneでもAndroidスマホでも問題なくSuicaが利用できます。

市場価格は3万円前後。Amazonやヨドバシカメラだとおおよそ25,000円前後で購入できます。GARMINによる1年の製品保証付きです。

vivomove 3sをAmazonで確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

基本スペック(抜粋)

vivomove 3sの基本スペックは以下のとおりです。

ケースサイズ(ケース径) 39mm
厚さ 10.9mm
本体重量 38g
ディスプレイ OLED(有機EL)
ディスプレイサイズ(タッチ可能範囲) 縦0.9cm ✕ 横1.8cm
バッテリー駆動時間 (Smartモード)最大4日、(時計モード)最大7日
防水 5気圧
センサー 心拍、気圧高度計、加速度計、環境光

本体重量は公称どおり38g

 

外観デザイン

アナログ針とタッチディスプレイを組み合わせたハイブリッド・スマートウォッチとあり、非常に端正な顔立ちです。ミニマルかつシンプルな腕時計が好きな人にはたまりません。

カラーリングは「Granite Blue / Silver」。商品写真を見るとベルトがグレーに見えますが、実物はもっと青いです。暗めの紺碧色と言うべきでしょうか。ビジネスシーンでも使えるオシャレで落ち着いた色合いなので嬉しい誤算でした。

腕に付けたイメージ。39mmなので一般的な腕時計と同等サイズに収まってます。

いかにもなスマートウォッチ感、ゴツゴツ感、ギラギラ感がないので、きれいめカジュアルにも合わせやすい1品です。女子ウケも良いです(良かったです)。

vivomove 3sをAmazonで確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

スマートウォッチとしての機能レビュー

vivomove 3sのスマートウォッチとしての機能は大きく以下3つに分けられます。

  1. Suica
  2. アクティブトラッカー
  3. 通知
 

【機能1】Suica

GARMINはAppleWatch以外では唯一Suicaが使えるスマートウォッチシリーズです。vivomove 3sももれなくSuicaに対応しており、駅やコンビニでSuica決済が可能です。

初期設定などは専用アプリ「GARMIN Connect」から行います。アプリはiOS、Android双方に配信されているため、iPhoneユーザーでもAndroidユーザーでもSuicaが利用できます。

SuicaチャージはGooglePay経由で行います。GooglePayはGoogleアカウントにクレジットカードを登録するだけで使えますのでiPhoneユーザーでも問題ありません。

新幹線eチケットやスマートEX、JRE POINTとの紐付けも可能です。

一方、主なデメリット(使えない機能)として以下が挙げられます。

  • Suica定期券を購入&利用できず
  • モバイルSuicaグリーン券を購入&利用できず
  • オートチャージできず
  • エクスプレス予約に対応せず
  • アプリ上の利用履歴が即日反映されず(翌日に一括更新)

特に通勤・通学定期券としての利用を考えている人は注意してください。

vivomove 3s(GARMINスマートウォッチ)のSuicaが対応している機能

チャージ上限金額は2万円。なお、Suicaアカウント発行から気持ち2週間前後はチャージ上限金額が5,000円に制限されます

 

【機能2】アクティブトラッカー

vivomove 3sは心拍センサーを内蔵しており、ワークアウト(運動記録)、カロリー、睡眠時間などひととおりのデータが測定できます。5気圧防水仕様なので濡れても問題ありません。

心拍センサー。

アクティブトラッカー機能は良くも悪くも普通で特徴がありませんが、一般的なスマートウォッチ同等の機能は揃っているため、アクティブトラッカー機能を目的に購入するのもアリだと思います。

 

【機能3】通知

vivomove 3sはアプリ権限さえ通せば、ほぼすべてのアプリから通知が受けられます。メールやSMSであれば定型文の返信も可能です。

(写真クリックで拡大)

とはいえ、デジタル時計プラスアルファ程度の情報量、情報表示域しかないため、実用性の観点から言うとヘビーユースは難しいです。使うとしても簡易な通知確認が限度でしょう。

 

バッテリー持ちは

Suicaと時刻確認程度の使い方であれば気持ち5日〜7日は持ちます。通知オンの状態だと公称4日に近いバッテリー時間になるかと思います。

もとよりアナログ針と組み合わせたハイブリッド・スマートウォッチですのでAppleWatchなどに比べれば圧倒的に省エネ仕様です。

充電は専用端子経由で行います。タッチ充電(Qi充電)には対応しません。

充電ケーブル。単体で購入するとAmazon価格で2,700円前後とお高めです。

 

主な欠点(or 使いにくいところ)

そこまでがっつり操作するスマートウォッチではない

vivomove 3sはディスプレイ範囲(タッチ範囲)が限られていますので、視認性、操作性ともに一般的なフルタッチディスプレイのスマートウォッチに比べると劣ります。

AppleWatchのようなイメージでがっつり操作しようと考えている人だと多分にストレスを感じますので、こういった方は最初からvivoactiveなどフルタッチディスプレイを搭載したモデルを購入すべきです。

▼vivoactive 4/4s(Suica対応モデル)

 

バッテリー残量が確認しにくい

現状vivomove 3sは専用アプリ(GARMIN Connect)上からバッテリー残量が確認できず、vivomove 3sのディスプレイ表示で確認するほかありません。

ただ、これが非常に見にくい。残量インジケーターで目視確認する必要があります。%表示にもできません。

これはたぶん残量70%くらい

1日〜2日でバッテリーがなくなるようなモデルではなく、バッテリー残量が少なくなるとバイブ通知が来ますので、なんとか欠点がカバーできてはいますが、それでも見ずらい。そのうちアプリ改善なりされることを切に願います。

 

ディスプレイのタッチ感度が悪い

vivomove 3sはディスプレイ(タッチ可能部分)をダブルタップすることでディスプレイが点灯しますが、なかなかに反応が悪いです。個体差?かもわかりませんが、反応しないことが多々あります。筆者はダブルタップよりもジャイロセンサー(腕を上げて点灯)を多用してます。

vivomove 3sをAmazonで確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

まとめ|vivomove 3sは購入すべき?

スマートウォッチに多機能を求めておらず、時刻確認できて、Suicaが使えれば十分という人であればvivomove 3sの購入をおすすめします。

タッチディスプレイが小さいので、がっつり操作して使うには不適ですが、その分、通常のスマートウォッチに比べてバッテリー持ちもよく、ほぼほぼ充電を意識せずにカジュアルな腕時計として使っていけます。ファッションアイテム感覚でスマートウォッチを使いたい人に丁度よい1品です。

レビュー対象製品

関連記事

スマートウォッチ選び方ガイド(2020)|最新トレンドに合わせたおすすめモデルを厳選紹介
AppleWatchはじめ馴染み深い存在になってきたスマートウォッチ。おサイフケータイが使えるもの、スポーツウォッチとして使えるもの、睡眠トラッカーとして使える...
タイトルとURLをコピーしました