Glazata Bluetooth 日本語音声ヘッドセット(EC200)レビュー

広告

Glazata Bluetooth 日本語音声ヘッドセット(EC200)を購入したのでレビューします。

Amazon価格で2,000円、Amazonタイムセール時なら1,700円前後で購入できる格安モデルです。Bluetoothヘッドセットとして必要十分なスペックは備えており、安く問題なく使える製品を探している方におすすめできます。

以下レビューしていきます。

レビュー対象製品

製品レビュー

基本スペック

Glazata Bluetooth 日本語音声ヘッドセット(EC200)の基本スペックは以下のとおりです。

通話時間(バッテリー連続駆動時間) 約28時間(※)
待機時間 約45時間(※)
充電時間 約2時間
ノイズキャンセリング(マイク用) あり(CVC6.0)
Bluetoothバージョン 4.1
公式保証 1年

※取扱説明書の数値準拠、Amazon商品ページ上だと通話時間30時間、待機時間40時間と記載されています

製品本体。色は黒と白の2色展開。デザインのエッジ感が厨二揺さぶる格好よさです。

(画像クリックで拡大)

中指の第2関節ほどの大きさです。

本体重量は12g。

充電端子はmicroUSB。フル充電に1時間〜2時間。Bluetooth 4.1ということもあり、バッテリーだけで通話連続28時間の省エネ駆動が可能です。

付属品。充電ケーブル、予備のイヤーピース、イヤーフック、microUSBイヤホンなど付属します。取扱説明書は日本語記載あり。

技適取得済み(番号210-112991)。総務省サイトで確認したところ、中国深センにあるE&C Technologiesという会社が技適取得していました。おそらくOEM製品でしょうか。

総務省公式サイトよりスクショ引用

 

ペアリングは簡単

電源ボタンをONにするだけで自動でペアリングモードになります。

ペアリング済みデバイスのBluetoothがONの状態だと、ペアリングモードが解除され、そのままペアリング済みデバイスと接続されます。

物自体は普通のBluetoothヘッドセットであり、iOS、Android、Mac、Windowsデバイスと問題なく接続できました。

 

マイク感度よし

格安モデルながらマイク専用のノイズキャンセリング機能(CVC6.0)を備えていますので、通話の際には口元の音以外の音が極力除去されます。実際に録音した音声を聞いてみると、ほとんど声だけが録音された、一見すると安物とはわからないクリアな音声でした。

入力マイクはヘッドセット内側にあり

 

イヤホン音質はそこそこ、音漏れ気味な部分も

イヤホン音質は「中の下」「下の上」といったレベルです。通話に支障をきたすレベルではありませんが、音楽再生などは微妙です。

少なからず音楽再生用途のイヤホンとしては採用を見送りたいのが正直なところです。

また、他のヘッドセットに比べると音が大きめです。ボリューム最小でも十分な音量があり、ボリューム設定を間違えると音漏れしてそうです。

 

付属の片耳イヤホンはいまいち使い道がわからない

オプションでmicroUSB端子から出力できる片耳イヤホンが付属します。これをヘッドセット本体に装着することで片耳イヤホンからも音を出すことができます。

「からも」と言うように、同時にヘッドセット本体のイヤホンからも音が出続けていますので、ダブルイヤホン仕様になります。おそらく両耳で使う場合を想定しているのでしょうか。

 

ヘッドセットで基本的な操作は可能だがマイクミュート機能はない

ヘッドセット本体のボタンで以下のような操作が可能です。

着信を受ける/切る マルチボタンを1回押す
着信拒否 マルチボタンを2秒長押し
音楽再生/停止 マルチボタンを1回押す
曲戻し/曲送り 音量+/-ボタンを1回押す
音量上げ/下げ 音量+/-ボタンを長押し
音声アシスタント起動 マルチボタンを3秒長押し

基本的な操作は揃ってますが、Bluetoothヘッドセットで一般的なマイクミュート機能がないため、通話保留の際などに不便です。スマホやPC側で都度ミュート設定する必要があります。

SiriやGoogleアシスタントなどの音声アシスタントが起動できるのは良し。マイク重視のヘッドセットこその使いやすさがあります。

 

つけ心地(ホールド感)は少し不安あり

耳の穴に引っ掛けて使うイヤホンタイプのヘッドセットのため、ホールド感に不安があります。全力疾走したりヘトバンすると多分にズレますので、外出時に無くさないよう注意です。

なお、オプションでイヤーフックが付属しており、これをヘッドセットに装着すれば、眼鏡のように耳で支えられます。安定感が圧倒的に違いますので、出先で使う場合はイヤーフック必須かと。

イヤーフックを付けた状態

 

まとめ

Glazata Bluetooth 日本語音声ヘッドセット(EC200)をレビューしました。

評価点としては、

  • コスパ
  • マイク品質
  • 音声アシスタントが起動可能

欠点としては、

  • イヤホン品質
  • イヤホンの音が大きい(音漏れ気味)
  • マイクミュートできない

ここらが挙げられます。

総じて価格相応、必要十分なヘッドセットだと思います。

音楽再生用途では微妙ですが、通話用途、ハンズフリー用途のヘッドセットとしては丁度いいですし、Amazon上の正規販売元(Glazata-Japan)で購入すれば1年の製品保証も付きますので特に文句ありません。コスパ重視のBluetoothヘッドセットを探している方であれば購入してみては。

レビュー対象製品

レビュー注記

当レビューは、筆者個人として商品を購入しレビューしたものです。非公開の第3者との金銭契約、商品提供等に基づくレビューではありません。

同製品のAmazonカスタマーレビューを見ると明らかなサクラが混じっていますが、そうした媒体とは一線を画すため個人ブログにレビューしています。あくまで筆者個人として購入し、使用し、一定のクオリティが担保できた製品のみを記録としてレビューし、筆者個人の判断で記事を一般公開しています。

関連記事

Amazonで買える格安Bluetoothヘッドセット(ワイヤレスヘッドセット)実機比較
Amazonで2,000円〜3,000円前後で購入できるBluetoothヘッドセットを比較します。 最近だとAirPodsのようなワイヤレスイヤ...
タイトルとURLをコピーしました