Galaxy S10の薄型ケース「memumi 0.3mmケース」レビュー

広告

Galaxy S10の薄型ケース「memumi 0.3mm」を購入したのでレビューします。

よくある中華製の薄型ケースくらいの気持ちで購入したのですが、予想以上に製品クオリティが高く驚きました。サムスン純正品と言っても過言ではない1品であり、Galaxy S10のケースを探している人は、しのごの言わずにこれを買えと断言できます

以下レビューしていきます。

レビュー対象製品

S10Plus、S10eもあり。

製品レビュー

memumi 0.3mmのパッケージ写真。よくあるプラスチック袋ではなく、ケースサイズに成形された専用パッケージに梱包されていました。

製品名(ブランド名)は「memumi」(メムミ?)。香港にある三友集団という会社が展開します。Amazon上ではmemumi JAPANとして販売しており、説明によれば購入180日以内の製品不良、破損などは返金対応 or 取り替え対応してもらえるようです。

ケース本体。購入したのはホワイト色です。正確にはスモークがかったホワイト色、スモーキーホワイト色と言うべきでしょう。カーテンレースのようなスケスケ感があります。

ケース素材はポリプロピレン。ほぼタッパーケースですね。硬過ぎず、柔らか過ぎず、手に馴染みます。

Galaxy S10に取り付け。0.3mmサイズを謳うだけあって非常に薄くコンパクトです。

見た目すっきり。

ギリギリまで詰めた感が裸族指向の筆者にはたまりません。

穴の位置も問題なし。ぴったしです。

ケース表面はすべすべ&しっくりした触り心地で良き。耐久性もあり。薄傷、擦り傷含め、傷らしい傷が付きません。嬉しい限りです。

カメラ周りは0.2mmくらいの囲みがありますので、カメラレンズが直接テーブルなどに触れることはありません。とはいえ、カメラ剥き出しに変わりありませんので、カメラ保護レンズなど貼っておいた方がいいでしょう。

ケース端に印字があります(ありました)。光を当てないと気付きません。

 

物理的にもビジュアル的にもコンパクトに感じられて満足感高し

memumi 0.3mmケースは、エッジスクリーンが半分剥き出しになるタイプの薄型ケースです。

一般的なGalaxy S10ケースだとエッジスクリーンの誤反応を防ぐために、ディスプレイ最上部の高さに合わせてケース設計され、エッジスクリーンがケースに埋もれた感じになりますが、同ケースの場合、エッジスクリーンが半分ほど露出します。

おかげでGalaxy S10を手で持ったときに非常にコンパクトに感じられます。

片手操作のときなど、親指の付け根がエッジスクリーンに食い込む形となるため、一見してケースも何も付けていないような錯覚に陥ります。

エッジスクリーンをONにしている人だと誤反応が多くて辛そうですが、そうでない人であれば、物理的にもビジュアル的にもコンパクトに感じられて良さそうです。特に裸族指向の方にはたまらないかと

 

色味のクオリティは最強すぎてやばい(語彙力)

Galaxy S10のプリズムホワイト色と合わせるとですね、非常に美しいです。あまりにプリズムホワイト色とマッチしすぎていて、サムスン純正品のように思えます。

「Galaxy」ロゴも透けて見えます

うっすらとプリズムホワイト色の水色感がにじみ出る美しさ。ガリガリ君を思い出します。

Galaxy S10のプリズムホワイト色は、確かにきれいなのですが、そのギラツキ感、グロー感がオーバーすぎて場所によっては似つかわしくないシチュエーションがあります。

同ケースを付けることで、プリズムホワイト色ならではのギラツキを抑えつつの、光に当てたときのグロー感を残しつつの、丁度いい落ち着いた感じに整えてくれます。プリズムホワイト色なんだけどプリズムホワイト色じゃない。新しい色ですね。

筆者は普段クリアケースしか付けない裸族指向の人間ですが、同ケースはそうした裸族指向の人間でも満足できるクオリティを実現しています。むしろこの色味を知ってしまったらクリアケースの方が邪道に思えます。それくらい美しい。感服いたしました。

memumiをAmazonで確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

唯一の欠点、電源ボタンの位置がわかりにくい

ケースを付けると電源ボタン、音量ボタン、Bixbyボタンがケースに埋もれますので、スクショのときなど手間取ります。

サイドボタンが完全にケースと同化(写真クリックで拡大)

サイドボタンとケースの段差ありません(写真クリックで拡大)

おそらくGalaxy S10ユーザーの大半は、電源ボタンの出っ張りを指(指腹)で確認してボタンの位置を把握しているよう思えます。同ケースを付けると、こうした使い方ができなくなるため、ボタンの位置を把握するのが難しくなります。

指(指腹)に引っかからず

Galaxy S10はディスプレイのダブルタッチで電源ONにできますので、そこまで致命的な欠点ではありません。ただ、やはりスクショですね。片手でスクショしようとすると少し手惑います。これが辛いです。

そのほか特に文句ありません。

memumiをAmazonで確認する
[Amazonの商品ページを開きます]

 

まとめ

memumi 0.3mmをレビューしました。

サイズ感はもちろんのこと、特に色味のクオリティが良く、筆者個人として非常に気に入っています。側から見ればサムスン純正の3,780円くらいのケースに思えます。それぐらい完成度が高い製品ですので、Galaxy S10のケースを探している方であれば購入して損はありません。是非お試しあれ。

レビュー対象製品

関連記事

iPhone SE(2020)の超薄型ケース「memumi」レビュー
iPhone SE(2020)の超薄型ケース「memumi」を購入したのでレビューします。 以前Galaxy S10のケースとしても紹介した筆者お...
タイトルとURLをコピーしました