【ケース干渉なし】iPad Pro向け保護フィルム「MiiKARE」レビュー

広告

iPad Pro向け保護フィルム「MiiKARE」をレビューしたい。

MiiKARE はディスプレイよりも気持ち小さめに作られた保護フィルムだ。それゆえ、いかなるiPadケースと併用して使っても干渉しない。iPadで使える小さめ保護フィルムという意味では業界数少ない一品であり、同製品の強みとなっている。

以下実際に貼り付けた写真を中心にレビューしていく。

レビュー対象製品

※他のサイズもあり、以下はiPad Pro 10.5サイズでレビューします

製品レビュー

MiiKARE」はMIIKARE JAPANが販売する保護フィルムシリーズ。Amazonのみで販売している。製品は専用箱で梱包されており、いかにも中華製品のようなグチャグチャ感がないので好感が持てる。

筆者が購入したのはアクリル素材の保護フィルム。アクリル素材はガラスフィルムとTPUフィルムの中間の硬さであり、振ると下敷きのようにぐわぁんぐわぁん(?)なびく。

実際にiPad Pro 10.5に貼り付け。

貼り付けは非常に簡単だ。貼り付け位置さえ整えれば、あとは勝手に吸着するし、気泡もできない。不器用な人でも問題ないイージーランクの保護フィルムと言えよう。

保護フィルムはアンチグレア仕様で反射や写り込みを防げる。さすがにガラスフィルムよりは透明度が落ちるが、ブルーライトカットフィルムのような極度な彩度の抑え込みはない。そもそもアンチグレアフィルムなので、反射や写り込みが嫌いな人が使うものだが。

 

耐久性よし

フィルム表面はコーティング加工されており、少し引っ掻いた程度では傷つかない。指紋や汚れなども拭けば簡単に落ちる。

フィルムはペーパーライクよりかは下敷き感のある硬さ、触り心地であり、タッチペンなどを使うと「カツカツ」といった音がする。なので、長時間の絵描き用途だと音が気になるかもしれない。

 

ケースと併用しても干渉なし

MiiKARE の保護フィルムはディスプレイサイズよりも小さめに作られており、いかなるiPadケースと併用しても干渉しない。これがMiiKERAフィルムの最大の特徴であり、魅力だろう。

ケースを付けた状態。

ホームボタン下に隙間あり(iPad Pro 10.5向け)。ケース干渉を防ぐのはもちろん、保護フィルム貼り付けの際には空気が抜けやすくなる。

小さめ保護フィルムと言うとPDA工房が有名だが、PDA工房のフィルムはあまり耐久性がよろしくなく、数ヶ月もすると白い跡が浮かんでくる。MiiKAREフィルムはそうしたこともなく、現状、耐久性に問題はみられない。

 

この記事のまとめ

iPad Pro向け保護フィルム「MiiKARE」をレビューした。

小さめ保護フィルムとしてクオリティ十分な製品だ。ケースに干渉しないiPadの保護フィルムを探している人には、まさにドンピシャな1品となるだろう。貼り付けも簡単なので不器用な人でも安心だ。気になっている人はぜひ試してみてほしい。

レビュー対象製品

タイトルとURLをコピーしました