PLANTRONICS(プラントロニクス)Bluetooth ワイヤレスヘッドセット M70 レビュー

PLANTRONICS(プラントロニクス)Bluetooth ワイヤレスヘッドセット M70をレビューします。

Amazon価格で2,700円前後、米オーディオメーカー「プラントロニクス」が発売している同価格帯では珍しいメーカー品のヘッドセットです。特にイヤホン品質がよく、普段の音楽再生イヤホンとして使っても問題ありません。

以下レビューしていきます。

レビュー対象製品

製品レビュー

基本スペック

PLANTRONICS(プラントロニクス)Bluetooth ワイヤレスヘッドセット M70の基本スペックは以下のとおりです。

通話時間 約11時間
待機時間 約380時間
充電時間 約2時間
ノイズキャンセリング(マイク用) なし(独自仕様のノイズ除去あり)
Bluetoothバージョン 3.0
公式保証 1年

ヘッドセット本体。THE・男子なレッド&ブラックの組み合わせが格好いいです。

(写真クリックで拡大)

サイズは非常に小さいです。人差し指の第2関節ほどの大きさしかありません。

もともとプラントロニクス社は航空機パイロット向けの小型ヘッドセットでポジション確立した会社ですので、同製品でもその小型化技術が見受けられます。同価格帯の他社製品に比べるとその小ささがわかります。

Glazata(EC200)とサイズ比較

本体重量は驚異の8g。

充電端子はmicroUSB。

付属品。充電ケーブル、イヤーフックなど付属します。替えのイヤーピースは付属しないため注意

技適取得済み(番号203-JN0190)。

総務省公式サイトよりスクショ引用

 

ペアリングは簡単

(初回起動時は)電源ボタンをONにするだけで自動でペアリングモードになります。

電源ボタンは上にスライドするとON、下にスライドするとOFFに

物自体は普通のBluetoothヘッドセットであり、iOS、Android、Mac、Windowsデバイスと問題なく接続できました。

 

マイク音質は環境次第

室内用途であれば問題ありませんが、野外メインで使うとなると少し不安が残ります。

同ヘッドセットはBluetoothイヤホンなどで一般的なCVC(Clear Voice Capture)、通話用ノイズキャンセリングを搭載しておらず、あくまでプラントロニクス社独自の通話ノイズ除去が行われます。

実際に使ってみると、確かに通話ノイズ除去は行われており、一見してCVC搭載モデルのように思えました。ただ、野外などうるさい環境だとCVC搭載モデルよりも雑音や風切り音が入り気味ですので、あまりパフォーマンスを発揮できていない気がします。

そのため、室内で椅子に座って使うなど、落ち着いた環境であれば十分ですが、野外でヘビーユースするとなると不安が残ります。

 

イヤホン音質は良い

2,000円〜3,000円くらいのヘッドセットにしては良質です。

音楽を再生すると細かな音が聞き取れ、きちんとシャンシャンしてます。同価格帯のヘッドセットだとイヤホンはおまけのような感じでしたので、さすがはメーカー品、プラントロニクス製品と感じました。

 

ヘッドセット操作はひととおり可能だが、ボタン操作が複雑

ヘッドセット本体のボタンで以下のような操作が可能です。

着信を受ける/切る コールボタンを1回押す
マイクミュート 音量+/-ボタンを同時に1〜2秒押し
音楽再生/停止 音量+/-ボタンを同時に長押し
曲戻し/曲送り 音量+/-ボタンを1回押す
音量上げ/下げ 音量+/-ボタンを単押し
音声アシスタント起動 コールボタンを2秒長押し

基本的な操作は可能です。ただ、ボタン操作が面倒くさい、難しいと感じました。

一番使いやすい場所にあるコールボタンへの機能割り当てが少なく、大まかな操作は側面にある音量ボタンで行います。

他社製品だと、同ヘッドセットのコールボタンに相当するボタンで大まかに操作できますので、これに比べるとボタン操作が面倒くさい、そして初見では難しいと感じました。

ちなみに、音量ボタンは上側が「-」、下側が「+」なので厄介です。なんでこんな変なボタンの割り当て、機能割り当てになったのか不思議です。

 

つけ心地(ホールド感)は少し不安あり

耳の穴に引っ掛けるイヤホンタイプのヘッドセットですので、ホールド感に不安が残ります。全力疾走などするときは外れないよう注意です。

せめてもの救いとして、ヘッドセットが小さく、軽いため、他社製品よりも密着感はあります。また、長時間装着していても苦痛は感じません。

オプションでイヤーフックが付属しており、これをヘッドセットに装着すれば、眼鏡のようにしてヘッドセットを支えられます。圧倒的安定感ですので外出時には必須かと。

イヤーフックを付けた状態

 

専用アプリあり

メーカー品ならではですね。iOS、Android向けに専用アプリ「Plantronics Hub」を提供します。

アプリを使えば、ペアリングしたヘッドセットのバッテリー残量や操作方法の確認、また、ヘッドセット紛失時にはビープ音を鳴らすこともできます。とりあえずインストールしておいて損はないかと。

 

まとめ

PLANTRONICS(プラントロニクス)Bluetooth ワイヤレスヘッドセット M70をレビューしました。

評価点は、

  • イヤホン音質
  • 小さい、軽い、コンパクト
  • メーカー品

欠点としては、

  • マイクに不安(特に野外)
  • ボタン操作&ボタン配置

ここらが挙げられます。

特にイヤホン音質がピカイチであり、この価格帯ながらメーカー品の意地を見せたよう思えます。他方、マイク品質が不安定要因としてあり、野外通話を主として考えている人だと他社製品を検討した方がいいかもしれません。自宅や室内での通話メインなら問題ありません。

レビュー対象製品

レビュー注記

当レビューは、筆者個人として商品を購入しレビューしたものです。非公開の第3者との金銭契約、商品提供等に基づくレビューではありません。

関連記事

Amazonで買える格安Bluetoothヘッドセット(ワイヤレスヘッドセット)実機比較
Amazonで2,000円〜3,000円前後で購入できるBluetoothヘッドセットを比較します。 最近だとAirPodsのようなワイヤレスイヤホン(Bluetoo...
タイトルとURLをコピーしました