RAVPower 61W USB-C急速充電器(RP-PC112)レビュー|MacBook Proで使えるUSB PD充電器

広告

RAVPower 61W USB-C急速充電器(RP-PC112)を購入したのでレビューします。

(画像)RAVPower 61W

RAVPower 61W USB-C急速充電器は、最大61W出力できるUSB PD充電器です。MacBook Proも充電できる高出力充電器であり、Apple純正充電器の代用充電器としても利用できます。

以下、MacBook Proでの充電レビュー含めた製品レビューを行います。

レビュー対象製品

製品レビュー

RAVPower 61W USB-C急速充電器は、中華メーカー「RAVPower」が手掛けるUSB PD充電器です。2019年8月に発売開始されました。

Amazonで直販しており、2020年4月時点で4,599円(税込)で購入できます。Amazon直販で購入してユーザー製品登録すれば30ヶ月(=2年半)の製品保証が受けられます。

RAVPower 61W USB-C急速充電器をAmazonで確認する

 

【製品特徴1】MacBook Proが充電できる61W充電器

RAVPower 61W USB-C急速充電器は、最大61W出力できるUSB PD充電器です。

61Wと言うとMacBook Pro 13に同梱されるApple純正充電器と同等出力です。

(MacBook Pro 13同梱の61W USB-C充電器)

言わずもがな、Apple純正充電器も今やUSB PD充電器の一種です

USB PD充電器であるRAVPower 61W USB-C急速充電器をそのままMacBook Pro 13の充電器として利用できます(記事後半に充電レビューあり)。

 

【製品特徴2】60WクラスのUSB PD充電器として世界最小・最軽量

RAVPower 61W USB-C急速充電器は、充電器界隈の革命児、窒化ガリウム(GaN)素材を使った充電器であり、従来充電器よりも圧倒的な小型化を果たしました。

60WクラスのUSB PD充電器としては世界最小・最軽量クラスの充電器であり、実際に手に取ってみると非常に小さく感じます。思わず投げたくなるサイズ感です。

(サイズは縦5cm、横5cm、厚さ3cmほど)

製品重量は106g。

同等出力のApple純正充電器(Apple 61W USB-C充電器)が200g近い重量なのを踏まえると圧倒的な軽さです。

Apple純正充電器(Apple 61W USB-C充電器)とサイズ比較。RAVPower 61W USB-C急速充電器の小ささ際立ちます。

電源プラグが折りたためるので持ち運びにも便利です。

RAVPower 61W USB-C急速充電器をAmazonで確認する

 

MacBook Proを充電してみる

RAVPower 61W USB-C急速充電器を使ってMacBook Pro 13を充電します。

充電ケーブルは「エレコム USB-Cケーブル」を使います。

【USB PD対応】エレコム USB-Cケーブル(USB3-CC5P10NBK)レビュー
USB PD対応ケーブル「エレコム USB-Cケーブル」(USB3-CC5P10NBK)をレビューします。 同ケーブルは最大5A(100W)までの...

 

充電結果

約51W(19.4V==2.65A)で問題なく充電できました。フル充電できることも確認しました。

次にApple純正充電器(Apple 61W USB-C充電器)でも充電してみましたが、こちらも約47Wの充電となり、ほぼ充電出力に差異がないことを確認しました。

※充電ケーブルはRAVPower 61Wと同じくエレコムを利用

なお、RAVPower 61W USB-C急速充電器はUSB PD充電器ですので、MacBook Proだけでなくスマホやタブレットも充電できます。

もっぱらスマホは10W〜18Wで、タブレットは18W〜30Wでの急速充電が行えます。

USB PD充電器の仕様上、バッテリー残量が少なければ少ないほど充電出力が大きくなり、バッテリー残量が多いときは充電出力が小さくなります。

Androidスマホ(Galaxy S8)で充電(写真クリックで拡大)

iPad Pro 10.5で充電(写真クリックで拡大)

RAVPower 61W USB-C急速充電器をAmazonで確認する

 

RAVPower 61W USB-C急速充電器を使う際の留意点

RAVPower 61W USB-C急速充電器はUSB PD充電器ですが、USB PD充電器の仕様に沿って設計されていない部分があり、少しばかり注意が必要です

一般的なUSB PD充電器は5V、9V、12V、20Vなど複数の出力帯に対応しており、そのうち5Vに関しては「5V/3A」を上限とした仕様設計が求められます。

RAVPower 61W USB-C急速充電器も表面上は「5V/3A」と記載されていますが、専用機器で確認すると「5V/2.4A」を上限とした仕様設計でした。

記載上は5V/3Aだが…(写真クリックで拡大)

専用機器で確認すると5V/2.4A(写真クリックで拡大)

5V以外の出力値は記載通りであり、20Vで充電されるMacBook Proの充電にも影響しません。あくまで5V出力値が一般的なUSB PD充電器の仕様とは異なるだけの話です。

この仕様違いにより致命的な不具合が起きる可能性は低いですが、ごく稀に5V出力での充電、たとえば一部スマホの充電などに使うと充電出力が出なかったり、USB PD充電器として認識されないといったケースに遭遇する可能性があります。

RAVPower 61W USB-C急速充電器をAmazonで確認する

 

まとめ

RAVPower 61W USB-C急速充電器をレビューしました。

一部仕様違いがありますが、61W出力できるUSB PD充電器として、MacBook Proの代用充電器として問題なく使えます。特にMacBook Pro 13には出力値含めどんぴしゃりな1品です。Apple純正充電器にそこまでこだわりのない方であれば購入を検討してみては。

レビュー対象製品

関連記事

RAVPowerの急速充電器(USB PD充電器)を出力別に一挙解説
RAVPower充電器の魅力とは ここ1年ほど破竹の勢いで人気拡大している中華充電器メーカー「RAVPower」(ラブパワー)。 非常に小さな、ミニマル...
タイトルとURLをコピーしました