5000円で買えるソニーイヤホン「MDR-EX450」レビュー

広告

ソニーイヤホン「MDR-EX450」をレビューします。

現在2020年ですが、かれこれ5年以上発売が続いているソニーの隠れたベストセラーです

ソニー謹製イヤホンながら5,000円で買えるコスパの良さはもちろん、同タイプのイヤホンでは大型となる12mmドライバーを搭載しており、一見して5,000円とは思えぬ重厚なサウンドが楽しめます。

かくいう筆者も長らく愛用しておりまして、ワイヤレスイヤホンの保険としての、とりあえずのイヤホンとして使ってます。愛用者こその実際の使い勝手も含めて以下レビューします。

レビュー対象製品

製品レビュー

MDR-EX450」は、2014年に発売開始されたソニーイヤホンです。型番「MDR-EX450」はマイクなしモデル、マイクありモデルは型番「MDR-EX450AP」となります。

カナル型イヤホン(耳栓型イヤホン)としては大型の12mmドライバーを搭載しており、5,000円イヤホンとは思えない重厚なサウンドが楽しめます。

同12mmドライバーはソニー独自の技術により16mm相当の大きさを実現しているとか。

12mmドライバーイヤホンですが見た目コンパクトでイヤホン重量も13gしかありません。

イヤホン筐体(ハウジング)にはアルミニウム素材が使われているため、圧倒的な軽さを実現しています。

耳に付けた状態。一般的なカナル型イヤホン(耳栓型イヤホン)のため変なクセもありません。そしてやはり軽いです。長時間耳に付けていても疲労や違和感がありません。

Amazonで詳しく見る

 

使い勝手レビュー

音質は低音〜中音重視、高音は評価二分

大型ドライバーと相まってか「重厚なサウンド」というのがふさわしい出来です。低音〜中音がしっかりと聞こえるので、男性ボーカル曲やロックバンド曲とは相性抜群です。

他方、高音は微妙です。もっぱら女性ボーカル曲ですが、低音〜中音に合わせた落ち着いた音と評価すべきか、単に高音が潰れているだけか、どう評価すべきか迷います。

各々好みも左右するかと思いますが、高音シャンシャンした音はあまり聞こえないため、音ゲーなどとは合わないかもしれません。

 

ケーブルは絡みにくい(と思う)

ソニー曰くの「セレーションコード」技術、ケーブル表面がザラザラした作りになっているため、ケーブルが極力絡まりません。

ケーブルをぐちゃぐちゃさせても千切れ麺のようにほどけます。

確かに普段イヤホンを使っていて、極度に絡まってたような記憶はなく、一定の効果は感じます。

 

ハゲ注意

イヤホン外側の「SONY」ロゴ部分が剥げやすいので丁寧に扱いましょう。軽く当てただけでも傷付きます。

 

まとめ

ソニーイヤホン「MDR-EX450」をレビューしました。

高音に関する各々評価にもよりますが、総合的に見れば非常に満足度の高いイヤホンです。数千円の安物イヤホンと比べて明らかに音の違いは感じられるため、性能的にも価格的にも入門プラスアルファのイヤホンとして丁度良いかと思います。

レビュー対象製品

タイトルとURLをコピーしました