Surface Laptop 2(2018)実機レビュー

広告

Surface Laptop 2を購入したのでレビューします。

 

Surface Laptop 2は、SurfaceのスタンダードノートPCシリーズ「Surface Laptop」の2018年発売モデルです。

記事執筆時点(2020年2月)で最新機種「Surface Laptop 3」が発売されていますが、Surface Laptop 3はそこまで大きなアップデートなく、まだまだSurface Laptop 2でも問題ないと判断し購入しました。

以下Surface Laptop 2の使い勝手などレビューとしてまとめます。

レビュー対象製品

スペック概要

購入したSurface Laptop 2(型番LQL-00025)の基本スペックは以下のとおりです。

型番 LQL-00025(プラチナ色)
OS Windows 10 Home
メモリ 8GB
本体容量 SSD128GB
CPU Intel Core i5-8250U(第8世代)
GPU Intel UHD Graphics 620
ディスプレイ 13.5インチ(2256×1504、10点タッチパネル) 
本体サイズ 縦22.3cm、横30.8cm、厚さ1.4cm(天板を閉じた状態)
本体重量 1.25kg
インターフェース USB 3.0 Type-A×1、Mini Displayport×1、Surface Connect×1、3.5mmイヤホンジャック×1
プリインストールOffice あり(Office Home&Business)
そのほか 顔認証(Windows Hello)対応

 

外観・ディスプレイ

外観デザイン

一目見て思いましたが、多分にMacBookを意識したデザインですね。

Surface Laptop 2はディスプレイ13.5インチ、本体サイズは縦22.3cm、横30.8cm、閉じた時の厚さは1.4cmです。本体重量は1.25kgと同等サイズのノートPCと比較すると軽い方です。

MacBook Pro 13とサイズ比較。ほとんど同じサイズですが、Surface Laptop 2の方が少し大きめです。

MacBook Pro 13よりも画面縦に1cmほど、画面横に0.5mmほど大きいです。

上がMacBook Pro 13、下がSurface Laptop 2

天板を閉じた時の厚さは1.4cm。MacBook Pro 13とさして変わりません。

背面もMacBookですね。

数少ないMacBookとの違いとして、Surface Laptop 2の上蓋は、まさしく板そのものであり、気持ちいいまでに真っ直ぐです。MacBookシリーズのような上蓋の丸みはありません。

真っ直ぐ!!

 

ディスプレイ

ディスプレイサイズは13.5インチ。3:2比率となるため一般的なノートPCよりも縦長です。ごくごくわずかな差ではありますが、web閲覧時などは縦の情報量が多く表示されるため、スクロール回数が減ります。

表示画質は悪くありません。最高画質でも2256×1504(フルHD+)なので4K云々みたいな美麗さは期待できませんが、そもそものフルHD画質は実現しており、普通に使う分には問題ないでしょう。

ディスプレイ上部にあるカメラで顔認証(Windows Hello)が可能です。

 

タッチパネル

Surface Laptop 2のディスプレイは、Surface伝統の10点タッチパネル仕様です。Surfaceペンと組み合わせることでペンタブ相当の筆圧(4096段階)が実現できます。

ただ、Surface Laptop 2は上蓋の開閉角度が最大135度(前後)止まりなので、よくある2in1PCのように360度折りたたむことができません。正直なところ、この中途半端な角度のため、タッチパネルの活用は見出せませんでした。

最大でもこの角度までしか開けず

 

パームレスト(アルカンターラ)

Surface Laptopの代名詞たるアルカンターラ素材のパームレスト。アルカンターラ素材は、触り心地で言うと布と皮の中間素材といった感じです。もとより高級車の内装で使われることが多い素材であり、質感は良いです。

撥水性が高く、汚れや指紋も付きにくい素材なので、パームレストならではの手汗跡(手首汗?)も防げます。いざとなったら中性洗剤で汚れが落とせるとのことですので綺麗好きにはたまりません。

アルカンターラの耐久性は良しとして、一方でアルカンターラと本体との貼り付け部分が毛羽立ちそうなイメージがあります。さすがに剥がれはしないでしょうが、雑に扱うとタブレットのケース蓋の端っこ部分みたいに汚くなりそうなので今から戦々恐々してます。

 

操作性

基礎性能(CPU&GPU性能)

筆者が購入したのは型番LQL-00025、メモリ8GB、SSD128GB、Core i5の最下位モデルとなりますが、ベンチマーク上はCore i7とさして変わらぬスペックです。

CPUはCore i5かCore i7をカスタマイズできます(どちらも第8世代)。

購入したCore i5モデルでベンチマークテスト(CINEBENCH R20)を試したところ、マルチコアで1117pts、シングルコアで258ptsでした。米CPU Monkeyによれば上位Core i7(8650U)の平均ベンチマークがマルチコアで1299pts、シングルコア365ptsですので、Core i5とCore i7のベンチマーク上のスペック差異はわずかです。

次に3Dゲームや動画編集を処理するGPUスペックですが、お世辞にも良いとは言えません。

Surface Laptop 2では、Core i5、Core i7モデルともに内臓GPUであるIntel UHD Graphics 620の一種類しか選べず、独立GPUなどの上位カスタマイズはできません。

3Dゲームの代表的なベンチマークテストである「3DMARK Time Spy」で測定したところ、スコア421点であり、ゲーミングPCには遥かに及びませんでした。一般的なノートPCでも平均552点なのでGPUスペックは低いですね。

勘違いせぬよう補足しますと、Surface Laptop 2で使われるIntel UHD Graphics 620は、インテル社が開発するエントリーモデルGPUです。普通に動画を見たりするのは問題ありませんが、3Dゲームをがっつりやりたい、動画編集をサクサクこなしたいといったニーズには合いませんので、そこらを重視されている方は注意してください。

 

静音性

非常に静かです。ベンチマークテストでCPUやGPUをフル稼働させているときであっても「スーン」といった音が微かに聞こえるだけでした。ベンチマークテストを除けば、ファンが回り続けるようなこともなく、MacBookシリーズを思わす静けさを実現しています。

排熱はMacBookと同じく底面部から

 

キーボードの使い心地

キーボードは非常に完成度が高く感動しました。ベタ褒めしても問題ないレベルの出来です。

ノートPCのキーボードながらキーストロークが深く、キータッチすると気持ちよく沈みます。これだけキーストロークを取ればキーボードもさぞうるさい、ガチャガチャするのではと思いがちですが、打鍵音は非常に静かで図書館などで高速タイピングしても問題ありません。本当に静かです。さすがはSurface伝統のキーボードだなと感じる、非常に完成度の高いキーボードでした。

キーピッチは19mm

キーストロークが深いです(1.5mm)

 

トラックパッド(タッチパッド)

トラックパッドはキーボードに比べると完成度は低めです。

トラックパッドの面積は縦7cm、横10.5cm、MacBookに通ずる広めのトラックパッドを備えます。また、Windows 10ならではのMacBook相当のジェスチャー操作が可能なため、2本指でのスクロールや3本指でのアプリ切り替え、クリックとは別のタップ操作などが可能です。

ただ、ジェスチャー反応が妙に鈍く、ごく稀ですが反応しないときもあります。ハードとソフトのどちらの問題かはわかりませんが、MacBookでのジェスチャー操作に比べれば明らかに劣ります。

そして、それ以上に右クリックが硬いです。右クリックすると「ドンカチャ」といった鈍い音と感触があり、あまり気持ちがいいとは言えません。MacBookのような軽いクリックをイメージすると間違いなく違和感があります。

MacBookのトラックパッドと比較するのもナンセンスな気がしますが、まだまだSurfaceではマウス優勢かなと思いました。

 

バッテリー持ち

Surface Laptop 2は、バッテリー電源だけで公称14.5時間のビデオ再生が可能です。実際に使ってみて、確かに燃費が良い印象はあり、使い方にもよりますが実働7〜8時間前後のバッテリー持ちは余裕かと思います。

会社帰りに2〜3時間パソコンをいじるような使い方では問題すら感じませんので、副業ワーク、副業ブログ程度の物書きには十分です。

電源モードは「推奨」でも十分なパフォーマンスです

 

プリインストールOffice付き

Office Home&Business(2019)が付属します。Officeなしモデルは用意されません。

日本市場ならではのプリインストールOfficeは、Officeライセンスを持たない人でもプリインストールOfficeの利用に限り、無料でOfficeソフトが使えます。Officeライセンスを持っていない人であれば魅力的ですが、すでにOfficeライセンスを持っている人だと価格転嫁されてるだけですので、せめてOfficeなしモデルをカスタマイズできたら…と思いました。

 

インターフェース・充電環境

全般

Surface Laptop 2は2018年に発表されたモデルですが、USB Type-C端子を搭載しません。左側にUSB Type-A端子(3.0)、mini DisplayPort、3.5mmイヤホンジャック、右側にSurface Connect(充電端子)を備えるだけです。

MacBookのように意識高すぎないという点では評価すべきでしょうが、さすがにUSB Type-Cくらいは欲しかった気がします。

 

充電環境

世間的にはUSB Type-C端子を使ったUSB PD充電が主流となりつつありますが、Surface Laptop 2はUSB Type-C端子がなく、独自端子「Surface Connect」で充電を行います。それゆえ昔ながらの専用ACアダプタが必要となります。

Surface Connect

専用ACアダプタは総重量224gほど。ケーブルが太く硬いので結構かさばります。

なお、Surface Laptop 2はUSB PD充電自体には対応しており、Surface Connectを使った専用の充電ケーブルを通すことでUSB PD充電器で充電することもできます。詳しくは以下記事でまとめました。

Surface用USB PD充電ケーブル「Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル」レビュー
Surface用のUSB PD充電ケーブル「Anikks Surface Pro USB-C 充電ケーブル」を購入したのでレビューします。 同ケー...

 

Surface Laptop 3(2019)との違い

当記事執筆時点(2020年2月)で最新モデル「Surface Laptop 3」が発売されています。Surface Laptop 2と比較した場合、Surface Laptop 3は以下が主なアップデート内容となります。

  • USB Type-C端子を搭載
  • WiFi6(ax)に対応
  • 15インチモデル追加

まずUSB Type-C端子搭載は評価すべき点です。USB PD充電器&充電ケーブルがそのまま使えます。ただ、同1点を除くと特にアップデートされた部分はありません。

たとえば、WiFi6(ax)への対応ですが、WiFi6は最新WiFiルーターでようやく対応している程度ですので、現時点においてそこまで重視すべきスペックではありません。

また、15インチモデルについても単なるサイズ違いモデルであり、スペックは13.5インチモデルと変わりません。GPUスペックなど上位カスタマイズできないため、あくまでスペック狙いではなくサイズ狙いで購入すべき機種です。

総じてUSB Type-C端子の搭載有無がSurface Laptop 2との最大の違いになります。USB Type-C端子がどうしても欲しいという人であればSurface Laptop 3を選ぶべきです。

新しい Surface Laptop 3 の紹介— 13.5 インチと 15 インチで発売— Microsoft Surface
Surface Laptop 3 は、13.5 インチと新しい 15 インチのタッチスクリーン、新しい豊富なカラーオプション、耐久性のある仕上げが 2 種類、用意されています。強力な個性を発揮し、スピード、パフォーマンス、バッテリー駆動時間を改善しました。

 

まとめ

これまでレビューしてきたSurface Laptop 2の評価をまとめます。

Surface Laptop 2の良いところ

  • 普通のノートPCとして問題ないスペック
  • キーボードの完成度の高さ
  • バッテリー持ちの良さ
  • アルカンターラの格好よさ
  • 今となってはコスパ良し(Surface Laptop 3と比較して)

Surface Laptop 2の悪いところ(留意点)

  • GPUスペックが貧弱、3Dゲームや動画編集メインの使い方は辛い
  • USB Type-C端子を搭載せず、USB PD充電はSurface Connect経由で
  • トラックパッドはそこまで完成度が高くないのでマウス使った方がいい
  • プリインストールOfficeモデルのみ展開

だいたいここらがSurface Laptop 2を購入する際に意識すべきポイントとなります。

致命的な欠点は見当たらず、あとは好き嫌い、環境に合う合わないの視点で選んでしまって問題ないノートPCです。特にWindowsのノートPCを探すなら、まず間違いなく第一候補に挙がります。対MacBookという意味では一長一短であり要検討でしょうか、MacBookとの比較記事も作りましたので、こちらを参考ください。

MacBookとSurface Laptop比較レビュー、OS以外に何が違うのか徹底解説
人気ノートPCの2大筆頭「MacBook」と「Surface Laptop」ですが、いざOS以外に何が違うのか知らない人も多いのではないでしょうか。 以下...

レビュー対象製品

タイトルとURLをコピーしました