Y!mobileスタートガイド|料金プランから実際の使い勝手まで解説します

広告

Y!mobile(ワイモバイル)の概要

Y!mobileはソフトバンクが手がけるサブブランド、姉妹ブランドです。

格安SIMのイメージが強いですが、あくまでソフトバンクの通信基地を使った一キャリアサービスであり、格安SIMではありません。回線品質は格安SIM以上、大手キャリア以下のまさしくサブキャリアです。

以前はソフトバンク子会社のY!mobileがサービス提供していましたが、現在はソフトバンクにサービス吸収され、自称”格安SIM”として格安SIMに近い料金で展開されます。

Y!mobile公式サイトを確認する
[Y!mobile公式サイトを開きます]

  

Y!mobile(ワイモバイル)の料金プラン

Y!mobileは「スマホベーシックプラン」が基本プランとなります(以下すべて税抜き表示)。

プラン名 月額料金 月間データ容量 通話料
スマホベーシックプランS 2,680円 3GB(→4GB) 1回10分以内の国内通話無料(以降は30秒/20円)
スマホベーシックプランM 3,680円 10GB(→13GB)
スマホベーシックプランL 4,680円 14GB(→17GB)

キャンペーンなど

  • 契約翌月〜6ヶ月間は月額料金から700円引き
  • 契約1年間は月間データ容量が(→)に増量

チェックポイント

  • 2年縛り&契約解除料なし
  • 余ったデータ容量の翌月繰越不可
  • 通話オプション「スーパーだれとでも定額」(月額1,000円)を追加すれば通話料が完全無料に
  • 「スマホベーシックプランM」「スマホベーシックプランL」は制限時速度が1Mbpsに

Y!mobileの料金プラン総括

通話ヘビーユーザーにおすすめ。1回10分以内の通話であれば通話料が無料に、「スーパーだれとでも定額」を追加すれば一切の制約なく通話料が無料になります。通話前提のプランを探している人に丁度よいです。さほど通話しない人であればUQmoibleで十分かもしれません。

 

Y!mobileの通信品質

Y!mobileはソフトバンクの通信基地を使った一キャリアサービスです。格安SIMではないため、昼間や夕方など格安SIMだと繋がりにくい時間帯でも問題ありません。

以下は平日昼間のY!mobileの通信速度です。非常に安定した速度が出ています。

(写真クリックで拡大)

ソフトバンク回線を使った格安SIMだと、あくまでソフトバンク回線の一部を借り上げているだけなのでアクセスが集中する時間帯には通信延滞が起きます。

対してY!mobileはソフトバンクの通信基地をそのまま使った一キャリアサービスであり、格安SIMのようなアクセス集中による通信延滞がありません。

元よりソフトバンク回線が繋がりにくい地域を除けば、基本的にY!mobileの通信品質を気にする必要はないでしょう。

 

Y!mobileが使えるスマホの選び方

Y!mobileで問題なく使えるスマホ

Y!mobile専用スマホ

Y!mobileが用意しているスマホですので、まず問題ありません。詳しい製品ラインナップはY!mobile公式の製品ページより。

 

ソフトバンクスマホ

SIMロック解除したソフトバンクスマホであれば、そのままY!mobileで利用できます。

なお、ソフトバンク契約からY!mobile契約にMNPする場合、MNPではなく単なる「番号移行」扱いになりますので一部キャンペーンなどが適用されません。

 

iPhone

SIMフリー版iPhone、キャリア版iPhone、どちらでもY!mobileが利用できます。

日本国内で発売されるiPhoneであれば、国内ほぼ全てのLTEバンドが利用できますのでソフトバンク回線を使ったY!mobileでも問題ありません。

なお、キャリア版iPhoneに関しては事前のSIMロック解除が必要です。

【関連記事】

【実機で解説】iPhone SE(2020)でY!mobileは使える?
ソフトバンクのサブブランド「Y!mobile」。iPhone SE(2020)で使えるのか実機で解説します。 iPhone SE(2020)でY!mobile...

 

SIMフリースマホ(もっぱらAndroidスマホ)

大方日本国内で購入できるSIMフリースマホであれば、ソフトバンク回線に対応しているため、Y!mobileも利用できます。

SIMカード単体のご契約(他社の販売する携帯電話をワイモバイルで利用する)(Y!mobile)
Y!mobileの「SIMカード単体のご契約(他社の販売する携帯電話をワイモバイルで利用する)」のページです。

 

Y!mobileで使うには一定の注意必要(チャレンジャー向け)

ドコモ、auスマホ(iPhone除く)

ドコモ、auスマホもSIMロック解除さえ行えばY!mobileが使えます。

ただ、ドコモやauのスマホだとY!mobile(ソフトバンク)のメイン回線となるバンド8に対応していないため、あえてY!mobileで使う意義が薄れます。基本的にチャレンジャー向けです。

 

まとめ|Y!mobile、どういう人におすすめか

1. 通話メインユーザー

Y!mobileは基本プランに1回10分の無料通話が含まれていますので、もとより通話メインでの利用を考えている人であればY!mobileがおすすめです。また、通話オプション「スーパーだれとでも定額」(月額1,000円)を追加すれば完全通話無料になります。

 

2. ソフトバンクユーザー

ソフトバンクスマホはSIMロック解除さえすれば、そのままY!mobileが使えます。すでにソフトバンクスマホを持っているソフトバンクユーザーであれば乗り換えは容易です。

 

3. 既存の格安SIMユーザー

格安SIMならではの遅さ、昼間や夕方の通信延滞にストレスを感じている人であればY!mobileをおすすめします。Y!mobileは格安SIMではありませんので、格安SIMのような遅さはありません。

Y!mobile公式サイトを確認する
[Y!mobile公式サイトを開きます]

  

関連記事

サブキャリア主要3社を徹底比較|Y!mobile、UQmobile、楽天モバイルどれがいい?
サブキャリアとは? サブキャリアとは、大手キャリアと格安SIMの中間に位置する携帯サービス(事業者)のこと。Y!mobile、UQmobile、楽天モバイルが...
【実機で解説】iPhone SE(2020)でY!mobileは使える?
ソフトバンクのサブブランド「Y!mobile」。iPhone SE(2020)で使えるのか実機で解説します。 iPhone SE(2020)でY!mobile...
タイトルとURLをコピーしました